台風19号被害は甚大に?台風の備えや対策、今から出来ること。

台風19号が近づき、この週末に関東に上陸するようです。

千葉や神奈川など先日の台風15号の被害もまだほとんど残っているのに、

更に追い打ちをかけるような、このタイミング。

本当に、神も仏もないのか!!

と言いたくなります。。。

しかし、危険なのは関東だけではなく、近畿地方や中部地方、東北地方や北海道、

一見、通り道ではない四国や中国地方、九州地方でも強風や大雨などの恐れがあります。

なにせかなり大型で過去最強クラスといわれているので、

「自分の所は安心だから・・・」

と思わず、念のため、備えはしておきましょう!

と、いうことで今回は台風被害の備えや対策など、これだけは最低限しておきたいことをご紹介いたします。

スポンサーリンク
  

台風被害に遭わない、または最小限にするための備えとは?

 

1 まずは、情報収集!!!

・いつ頃来るのか?

・それまでに何が出来るか?

停電や断水になった時、いつ頃復旧するか

などは、とても気になるところです。

スマホやラジオをうまく活用して、情報収集しましょう。

 

2.家の周りを片付ける!!!

● ベランダの物干し竿 (洗濯ハンガーやピンチなど)

● 植木鉢

● 子供の遊び道具(ボールやおもちゃ、バットなど)

● 掃除道具 (ほうきやちりとり、ごみ箱など)

● ベランダの排水溝や雨どいの水ハケをよくしておく。
 
● 屋外洗濯機 

(飛んでいかないように水を最上位まで貯め、蓋を閉めてガムテープなどで止める。
 また、洗濯機をロープで固定する) 

● アンテナやプロパンガス、また自転車など屋内に入らないものは、
しっかりした柱などにロープで固定し、飛ばされないようにする。

● 雨戸などにガタつきや、ゆるみがないか確認する。

● 一軒家の場合は、屋根や外壁に破損がないか確認し、あれば補強しておく。

注:台風が近づき、雨や風が強いときは、無理せずまず自分の身を守ること!! 

 

3 もしもに備える!!

● ご飯をたくさん炊いておく。

(停電時のご飯の確保)

● 冷蔵庫の温度を下げ、保冷材を凍らせておく。 

(停電の時、冷蔵庫を開けないことで保存できる)

● 雨戸を閉め、カーテンをしっかりしめる。

(雨戸がなければ、家の中から窓に段ボールとガムテープで補強する。)

● やかんや鍋、空きペットボトルやお風呂に水を溜める。(生活水として利用するため)

●洗面所やキッチンのシンク、トイレなどに
ゴミ袋に水を入れた「水のう」で、排水溝をふさぐ

(下水が逆流し、排水溝から溢れるのを防ぐため。)

● スマホや蓄電池はフルに充電しておく。 

特に、雨戸とカーテンはしっかり閉めましょう!!!

実はカーテンを閉めているだけでも窓ガラスの飛散は軽減されます。

しかし、今回の大きな台風だと何が飛んでくるかわからないので、雨戸はしっかり閉めましょう。

雨戸がない場合は、段ボールとガムテープで補強します。

ガムテープは、縦、横、斜めと貼れば、大丈夫です!

あとは、携帯電話やスマホを必ず充電しておきます。

停電してしまった場合、通話などは使えなくても、情報収集に使えます。

ただ、たまに嘘の情報が流れたりもするので、

ラジオなども併用して正しい情報を仕入れましょう。

4 準備しておくもの

● 灯り (出来ればランタン、懐中電灯、ろうそく)

● 水 (飲み水3日分/1人1日3ℓ、お風呂やポリタンク空いたペットボトルに生活水を貯める)

● 食べ物 (缶詰、レトルトなど)

● 電池、充電器

● ラジオ、スマホ(情報収集のため)

● 現金

● 長袖、長ズボン 軍手、スリッパ (飛び散ったガラスでケガしないため)

●避難グッズ(非常袋)

特に、灯りはとても大切です。

灯りがあるのと、ないのでは精神的にも大違いです。

懐中電灯もよいですが、ランタンだと辺りも照らすので、こちらの方が周りが明るくなります。

もしなければ、懐中電灯に薄い布をかぶせても辺りを照らせますよ。

ランタンほど明るくはないですが・・・(;^_^A

また、水は絶対に確保しておきましょう!!!

お風呂や鍋ややかんに水を溜めるだけなので、すぐできます。

小さなお子さんがいる場合は、溺れてしまう事もありますので、お風呂場に入れないようにしておきましょう!!

あと、この季節だと大丈夫だと思いますが、多少暑くても、

ケガを防ぐために、長袖、長ズボン、軍手と室内ではスリッパをはきましょう!

最後に非常袋は中身を必ず確認しましょう!

◎電池は使えるか?

◎賞味期限は切れていないか?

これだけでも確認しておきます。

こちらもあわせて読みたい

台風や地震の災害の時の備えは?避難グッズで必要な物は何?

台風被害への備えや対策のまとめ

今回は、過去最強クラスの大きさと強さの台風です。

こちらの備えや対策を参考に、万全の対策を行って、

大切な人や自分の命を、まず、守りましょう!!!

それでは!!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。