すぐ実践!カラオケを上手く歌うコツ。曲の選び方や機械調整が大事!?

こんにちは(*^^*)

先日ご紹介しました、

すぐ実践出来る!カラオケを上手く歌うコツは?歌う前の準備編

は読んでいただけましたか?

よければこちらからも読めますので

是非(*^^*)

すぐ実践出来る!カラオケを上手く歌うコツは?歌う前の準備編

さて、今回は前回の続編です。

実際に歌うときのコツなどもございますので、

ご参考までに…

スポンサーリンク
  

カラオケを上手く歌うコツ。一曲目は何を歌えばいい?

さて、準備運動もしたし、

飲み物のチョイスも上手くできた!

あとは、歌うだけ!

でも何を歌えばいいの?

と、なると思います。

結論から言いますと、

一番良く歌う歌を歌いましょう!

いわゆる十八番(オハコ)というやつです。

何故かといいますと、

その人が初めて歌うとき、

周りの人は多少なりとも興味を持つからです。

何を歌うんだろう?

初めてあなたの声を聴く人は

どんな声で歌うのかな?

など…

そこで周りの空気に合わせたり、リクエストされて、

いつも聴いてるし、これなら歌えるかな?

と、あまり歌ったことのない曲を入れてしまうと、

あれ?なんか違う…ここどんなメロディだっけ?

あ、音はずした?あれ?あれ?

と焦り、更に緊張して歌えなくなって、
終った後歌うんじゃなかったとテンション落ちまくる可能性が高いからです^^;

それなら、みんなが知らない曲でも、

自分が歌いやすい、歌いなれた曲を歌った方が、断然良いです。

緊張して、多少声が震えたりしても、
メロディがわからないということはないので、
そこに気を取られることもなく、最後まで歌えるはず!

なので、歌える曲をたくさん持つ

というのも上手く歌うためのコツの
ひとつでもあります。

そして、一曲目を歌ってしまえば、
緊張も和らいで来ると思います。

とにかく、歌える曲をどんどん歌って行きましょう!

カラオケも中盤になれば、場も和んできますので、

ここで挑戦するのもアリです!

覚えたての曲、聴いて知ってる曲を
入れて、あまり歌えないかも。と言いながら歌います。

その曲を誰かが知ってるようなら、

「一緒に歌って!」

というのも良いですし、

「ごめん、やっぱり歌えなかったー」

と途中で、演奏を停止するのもいいと思います。

とにかく上手く歌うためには、

覚えた曲を何回も歌うことです。

カラオケを上手く歌うコツ、ちょっとした工夫で上手く歌える(聞こえる)テクニック

さて、歌う歌も決まりました。

あとは歌うだけ…

ってちょっと待って下さい!!

上手く歌えるコツの一番大切な所が
まだ残っているのです!

ちょっとした事で今まで歌っていた歌が変わります。

それでは、

上手く歌える(聞こえる)ポイント


★ 歌詞のアタマをはっきり歌う。

歌は歌詞が聞き取れなければ、聴いてる人に伝えたいことが、伝えられません。

なので、歌詞に思いを込めて歌うことが、大切になってきますが、

特に歌いはじめの最初の歌詞をはっきりと歌うようにするだけで、

上手く聴こえるようになります!


★バラードは感情を込めすぎない

バラードはついつい感情を込めて歌ってしまい、

なんだかベターっとしてイマイチ上手く歌えないということはありませんか?

そこで、バラードの時は逆に、リズムやテンポを意識してクールに歌います。

歌詞の言葉だけを聴いてる人に伝えるようにします。

それだけで、随分違って聴こえますよ。

悲しい歌だからと悲しみを全面に押し出す歌い方だけでなく、

淡々とした中に感じる悲しさを出す歌い方もあったりします。

スポンサーリンク

歌って奥深いですよね。


★歌詞の最後をていねいに。

歌の最後の方になると、歌詞を適当に投げ捨てるように歌いがちなることが
ありますよね?

そこをていねいに最後まで歌います。

とくにバラードでは最後の歌詞をそっと置くように歌うと、グッと雰囲気も出ます。

音の最後をブツっと切ったりせず、
自然に無くなって行くように歌えれば、
聴いてる人も心地よく余韻に浸ることができます。


★おいしいところは、1ヶ所だけ!

歌の最初から最後まで良く聴かせようとしない。

自分の一番伝えたい所だけに焦点を絞って、(例えばサビなど)
それ以外は音程とリズムに集中します。

メインはひとつだけでいいんです。

カラオケを上手く歌えるコツ。機械の調整は大切!

さあ、歌う曲も決まったし、

歌うコツもわかり、

あとは歌うだけ…

ってちょっと待って下さい!

最後にもうひとつだけ、

大切な事があります。

それはキーや音量のボリューム調整です!

頻繁にカラオケしている人は、

キーを上げ下げしたり、

マイクや音のボリューム、エコーの調節までしてるとおもいますが、

あまりカラオケに来ない人は触った事もなく、

それ、どこにあるの?っていうか
そんなの自分で調節できるの?

と思うと思いますが、

実は簡単で、誰でも触れます。

大体テレビの画面の下に機械がありますので、そこで調節します。

まず、気を付けるのは、

★ミュージック音量(曲のバック演奏)

★マイク音量(自分の声)

★エコー音量(声を響かせる音)

この3つです。

このバランスが取れてないと、
普通に歌っていても、下手に聞こえたりします。

ということは…上手く調節すれば、
上手く聴こえる可能性も?!

お店によって音量のボリュームは違いますが、

だいたい音量は25くらいで揃えていると思います。
エコーは20くらいかもしれませんが。

なので、ミュージックは25のままにしておいて、

マイク音量を+2くらいにする。

音量が25の場合、マイク音は27くらい。

もし、自分の声が人より小さい場合、
マイク音29くらいあげてもいいですよ。

緊張して声が出ない場合は、最初は
バック音25のマイク音29くらいでもいいかと…

あと、エコーはバックミュージックより小さくしてください。

耳障りなボワーーーンというハウリングが鳴りやすいからです。

あと、注意してほしいのは、

機械を調整するときは、必ず自分が歌う時だけにしましょう!

間違っても、他の人の時には触らないように気をつけてくださいね!

みんなで楽しく盛り上がるためにも、
マナーは守りましょう!

エコーは最初のうちは、上手く聴こえるようにするため必要だとおもいますが、

もし、もっと上手くなりたい、
歌を練習したい。

となったとき、エコーはほとんど使わなくなります。

そのうち慣れてきたら、いろいろボリュームを触ってみて、

自分が歌いやすい音の比率を見つけてくださいね!

まとめ

それでは、カラオケを上手く歌うためのコツ、実践編のまとめを…

まず

★1曲目は歌いなれた十八番の曲にする。

上手く聴こえるコツは、

★ 歌詞のアタマをはっきり歌う。

★バラードは感情を込めすぎない

★歌詞の最後をていねいに。

★おいしいところは、1ヶ所だけ!

機械の調整は

★バックミュージック音よりマイクの音量を+2から+4くらいあげる

バック音が25ならマイク音は27から29に設定する。

注:設定する時は、自分の曲の時にする!

と、このようになりました。

カラオケを上手く歌うコツを
2回にわたってお伝えしましたが、
いかがでしたでしょうか?

文章だけだとわかりずらい所があるとおもいますので、

何か質問などございましたら、

下記にあります、コメント欄から
お願いいたします。

それでは、最後まで読んでいただき、

ありがとうございます!

ではでは(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。