カラオケを上手く歌うコツ。すぐ実践出来る!歌う前の準備とは?

こんにちは~(*^^*)

突然ですが、皆さんカラオケは好きですか?

「大好きー!!」

「人前であまり歌わないけど好き」

「歌は好きだけどカラオケはいかない」

「カラオケは苦手…音痴だし」

「嫌い…そもそも歌うの好きじゃないし」

「……べつに…」

ふむふむ。

様々な声が聞こえてきましたね。(幻聴?)

まあ、趣味の一つですし

好き嫌いはあって当然なんですが。

このページを開いていただいたあなた!

あなたは少なくともカラオケや歌が好きで、

でも上手く歌えない、

人前に出ると緊張してしまう

もしかしたらカラオケに誘われて、

今から行かなきゃいけない!

なんて状況かもしれませんね。

そんなあなたのために、

すぐに実践出来る上手く歌える(聴こえる)コツをお教えします!

切羽詰まった状況じゃなくても
役に立つと思いますので、

参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

カラオケを上手く歌えるコツ。歌うための準備とは?

実はカラオケに限らず、歌うには準備が必要

なのはご存知でしたか?

プロの方ほど、歌う前の準備はきちんとされています。

そうでないと、あんなに魅力的な声は出せないからです。

ではその準備とは?

舌や顔のストレッチ、体全身をほぐすストレッチです。

というのも、

歌うには、余計な力を抜いて、体を楽器のように響かせなければいけないからです。

本当なら腹式呼吸や、鼻を響かせたりと他にも沢山歌う前の準備があるのですが、

今回はすぐに出来る物をという事で、

敢えてそこは省かせていただきます。

腹式呼吸の仕方や、鼻を響かせる方法は

また後日機会があればお話しますね!

カラオケを上手く歌うコツ、準備運動

それでは、歌うためののどや、体にシフトするために、

準備運動をします。

準備運動1 マッサージ

まず、顔や首を手でマッサージしていきます。

マッサージといってもほぐす感じで大丈夫です。

特に首(のど)は入念にほぐしていきます。

少し温まりましたか?

それでは、

準備運動 2 ストレッチ

特に順番はありませんが、

私が大体やっている順番でご紹介します。

1 顔、舌のストレッチ

★ 1まずは口を大きく、限界まであけ、3秒ほどキープしてから、元に戻す

★2 「すっぱい!」と思った時の様に顔を思い切り中心にちぢめます。

★3 今度は凄くビックリした時の顔に顔中を開きます
(目や口、鼻の穴も)

★4 舌を思い切り出し、ツラくなるまで力を入れたり、ひっこめたりします。

★5 口を大きく開け、アゴは動かさず、舌を上下にゆっくり動かします。

★6 同じく口をあけ、今度は左右に思い切り動かします

★7 口を大きく開け、舌をグルっと回したり、ランダムに動かします。

★8 口を開け、口の真ん中で舌を交互に縦にします。

それを5回ずつくらい繰り返します。

★9 巻き舌(イタリア語などでよくある巻き舌)で、
「ルルル…」と出来るだけ長く舌をふるわせます。
( 「ルルル…」でドレミファソ~)
と音階をつけれるなら、なおgoodです!

★10 巻き舌が出来ない人は、くちびるを(ブルブル~)とふるわせてみましょう。
小さな子がむくれて、「ぶぅー」と言うイメージをしてもらえれば、わかりやすいです。

★9と★10はのどの力を抜く練習として、アメリカのボイトレでも良く行われているそうです。

のど、体のストレッチ

★1  のど仏 (女性は見つけにくいですが、喉にある骨っぽい物の一番上の大きい所です)を
【お】と口の形をして、その後
【い】の口の形をしてのど仏を動かします。
(この時声は出さないでください。)

【お】の時は下がって【い】の時は上がるので、それを意識しながら

5回くらい繰り返します。

★体のストレッチ

★基本姿勢

一度肩など回してリラックスしてから、
足を肩幅くらいに広げ、下腹を引き上げ、おしりを締める。
上に髪の毛一本だけ掴まれ引っ張り上げられているイメージで姿勢をのばす。

★背中
手を組んで頭の上に伸ばします。
上半身は上に、下半身は下に引っ張られるイメージで伸ばしていきます。

背中を伸ばした状態で、後ろの方へ引っ張ります。

★肩
肩を前後数回ずつ回します。

★腕
右腕を前に出し、ひじの辺りで左手を添えて右腕を体に引き寄せて右腕を伸ばします。出来たら、逆側も同じように腕を伸ばします。

★背中
まっすぐ前に両手をのばし、手を組みます。手は目の前に、背中は後ろに引っ張られるように伸ばします。

★胸
後ろに手を組み、手は後ろの方へ引っ張り胸を張ります。脇も締めて肩甲骨同士をくっつけるつもりで。

★体側
右手を上にまっすぐ伸ばし、左手で右手の手首をつかんで、ゆっくり左側に傾けていき、体の側面を伸ばします。できたら逆側も同じように傾けていきます。

★首
手を頭の横に添えて、ゆっくりと10秒くらいかけて、傾けていきます。
出来たら逆も同じように。
前や後ろにも同じように傾けます

★腰、上体
前屈の姿勢をします。
そこで腰にロープが繋いであるイメージで、
腰(おへそ)を中心に上半身だけプランプランと前後左右に動かします。

その後ゆっくりとからだを起こします。

★膝
足を揃えて立ち、膝に手を当てながら曲げ伸ばしし、その後、前後左右にまんべんなく回します。

★足首
走る前の時のようにくるくると足首を
回します。

他にも色々ストレッチがありますが、

体をまんべんなくほぐし、

眠っている筋肉を起こすこと

を頭においておいてくださいね!

多少自分なりのストレッチを加えても大丈夫です!

すぐ出来るマッサージやストレッチを紹介しましたが、

もし、大人数で行く飲み会の後のカラオケだと、
体のストレッチはしにくいですよね?

体のストレッチは、体をほぐすための運動なので、

出来そうなものをチョイスしてもらえれば大丈夫です^^

顔やのど、舌のストレッチは、やるのとやらないのでは
随分違いますので、

これは歌う前には必ず行う様にしましょう!

もし、わかりづらい所があれば、下記にあります、
コメント欄からコメントくださいね!

もし、今からカラオケで、やってる時間がない!

というあなた!

大丈夫です。

今からでもトイレの個室に入って、
顔や舌のストレッチをしましょう!

誰もいなければ、少し声を出してみるのもいいですね!

軽く体のほぐすのも良いですよ^^

まとめ

では、おさらいしてみましょう!

上手く歌うためのコツ。

全身をリラックスさせ、
身体中を楽器のように響かせるために、

歌う前は、必ず顔や首のマッサージをしてから、
のどや舌、顔のストレッチ、全身のストレッチをする。

と、いう風になりました!

よろしければご参考までに^^

それでは、また~(*^^*)

●こちらの記事も一緒読まれています(*^^*)

すぐ実践!カラオケを上手く歌うコツ。曲の選び方や機械調整が大事!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。