喪中はがきは12月でも大丈夫?本当の意味や気をつけることはとは?

もう早いもので年末です。

日々に追われるあまり、

今年は年内に不幸があったから
喪中はがきを出さなきゃ!

と思いつつ忘れてたりしませんか?

実は去年の私がそうでした(^_^;)

そんな体験談も踏まえて、

喪中はがきって12月でも大丈夫なのか?
や、他に気をつけることなどもご紹介しますね!

コチラも合わせてどうぞ!

喪中の寒中見舞いに写真をのせてもいい?寒中見舞いの文例などもご紹介!

スポンサーリンク
  

喪中ハガキは12月でも大丈夫?

年内に不幸があったときに出す喪中はがき。

本来は

11月から12月初旬に届くようにするもの。

ですが、忙しくて忘れていた!

という方もいらっしゃると思います。

私とか(^_^;)

そんな時は

12月5日~7日くらいまでに着くようなら急いで書きましょう!

ただ、沢山出さないといけない場合だと間に合わなかったり、

目上の方に出す場合は、マナーを知らないのかしら。

という目でみられてしまう場合があります(>_<) そんな時は喪中ハガキは出さずに寒中見舞いにしましょう!! また、10日以降に出し忘れに気づいたり、身内を亡くされた場合は、 寒中見舞いにします。

◆何故10日までなの?

本来12月10日以降は年賀状を準備し始める時期。

もっと早くから準備してる方もいらっしゃいます。

もう準備して後は出すだけという所に、

喪中ハガキが来たら困ってしまいますよね。

なので

遅くても10日迄には必ず着くようにしましょう!

スポンサーリンク

喪中はがきの本当の意味とは?

喪中はがきというと、

自分が喪中であることや、自分の家に不幸があったことを知らせる、

訃報のはがきと思いがちですが、

実は違います!

本来の意味は、

「喪中のため、今年は新年のご挨拶をお伝えできません。ごめんなさい(>_<)」 という挨拶状です。 喪中はがきも、正式には、年賀欠礼状と呼ばれています。 年賀欠礼状と言われるとわかりますが、 喪中はがきと言われてるから、 ややこしい気がするのは私だけでしょうか?^_^;

喪中はがきで気をつけること

 

◆ 出す時期は必ず守る。

喪中はがきを出す期間は、
11月から12月初旬までです。

早すぎたり、遅すぎると相手方に迷惑がかかってしまいます。

◆ はがきは丁寧に書く。

<ハガキの書き方>

◎最初に大きく、

「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます」

という挨拶文書きます。

◎次に、「誰が、いつ、何歳で亡くなったのか」

◎「故人が生前お世話になったお礼や挨拶」

◎最後に自分の住所、名前(夫婦連名の場合も)

を入れます。

◆ 亡くなったのがどの時期でも送る。

喪中の期間は1年間が一般的です。

亡くなった時期が1月や2月と年の前半でも、
また11月や12月でも喪中に当たります。

不幸があった時期に関わらず、
年の暮れには喪中はがきを出すというのが基本的な考え方です。

◆ 葬儀に参列した方にも喪中はがきを。

これも悩み所ですが、

喪中はがきは自分が喪中であることを伝えるものではないので、

年賀欠礼状としてキチンと出します。

喪中はがきのまとめ

 

では、まとめます。

●喪中はがきの出す期間は
11月~12月初旬まで。

その期間を過ぎるようなら無理せず、
年明けに寒中見舞いをだしましょう!

●喪中はがきは、喪中であることを知らせるものではなく、

年賀状を出せないことをお詫びするはがき。

●喪中ハガキの書き方は、

○「喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます」
○「誰が、いつ、何歳で亡くなったのか」
○「故人が生前お世話になったお礼や挨拶」
○自分の住所、名前

● 亡くなったのがどの時期でも、
喪中に当たるので、喪中はがきを出す。

● 葬儀に参列した方にも喪中はがきは出す。

いろいろとややこしそうな喪中はがきですが、
覚えてしまえば、シンプルです。

是非参考にしてくださいねー(*^^*)

こちらも合わせてお読み下さい!

喪中の寒中見舞いに写真をのせてもいい?寒中見舞いの文例などもご紹介!

それでは、またー(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。