紫外線対策、日焼けを悪化させる食べ物も?採りたい栄養素と食材とは?

こんにちは(*^^*)

先日の記事では、
紫外線対策には、目の保護が大事!
ということをお伝えしました。

記事はこちらからも見れます!

さてさて。

昨今は「紫外線はお肌の大敵」と
テレビやネットでは常識になり、

美容を気にする方には紫外線対策は当たり前となっていますが、

いくら日焼け止めを塗ったり、
帽子やサングラスやメガネ、
服装などで対策をしても、

悲しいかな、完全には防げないものです(。>д<) そこで、もう一つ有効な日焼け対策。 それが「内側からのケア」です! 意外に知られていない日焼け対策、 それは紫外線に対抗できる食物を摂取することなのです。 食べ物で中から肌細胞をケアしていきましょう!

スポンサーリンク
  

紫外線対策に大切な栄養素とは?

まず、はじめに。

食事で栄養を摂取したからといって、劇的な効果が現れるわけではありません

が、日頃から摂取することは美と健康において重要です。

それらを頭のすみに置いておいてくださいね!

それでは、いきましょう!

紫外線対策に効果的な栄養素と食材とは?

★ビタミンC

ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑え、
肌のハリや弾力の元となるコラーゲンの生成を助ける働きがあります。

紫外線による肌の老化を防ぐ重要なビタミンです。

ですが、肌に良いからといって過剰に摂取しても、
数時間後には余分なビタミンCは尿に排出されてしまいます。

1日2~3回に分けてこまめにとりましょう。

また、ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱い性質があるため、

果物や野菜サラダのように出来るだけ生で食べることをおすすめします。

食材:赤ピーマン・ブロッコリー・ゴーヤ・キウイフルーツ・レモン・いちごなど


★ビタミンB2

ビタミンB2、皮膚や粘膜を強くし、細胞の再生や皮膚の新陳代謝を促します。

食材:レバー・うなぎ・納豆・いくら・卵など

★ビタミンE

ビタミンEは、「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

血行を良くし新陳代謝を促すことでシミやそばかすを出来にくくし、
老化の原因となる活性酸素の発生を防ぎます。

さらにビタミンCと一緒にとることで相乗効果が期待できます。

食材:アーモンドなどのナッツ類・植物油・アボカド・うなぎ・カボチャなど

★ビタミンA

ビタミンAは、皮膚や粘膜を強くし、肌のハリや潤い、弾力を保つ働きをします。

食材:レバー・うなぎ・乳製品・にんじん・海苔など


★リコピン

リコピンは、トマトの赤い色素成分です。
強い抗酸化作用があり、

メラニン色素の沈着を防いでシミやそばかすを薄くする働きがあります。

トマトにはビタミンCも豊富に含まれていますので、美肌にはトマトと覚えておくといいでしょう。

ビタミンE・A・リコピンは油に溶けやすい性質をもっているため、
オイルドレッシングと一緒に食べるなど、油を使って調理すると吸収率がアップします。

食材:トマト・すいか

これらの食品をバランスよくとって、紫外線に負けない美肌を目指しましょう!

紫外線対策、食べ物で日焼けが悪化する!?気をつけるべき食べ物とは?

一方「日焼けを悪化させる食べ物」が、あるのはご存知でしょうか?

実は、特定の食材に含まれる「ソラレン」という物質が秘密を握っているのです!

日焼けを促進させる物質「ソラレン」

ソラレンは、「光毒性物質」と呼ばれる成分です。

光毒性物質とは、日光など光を浴びると紫外線に過敏に反応し、肌にダメージを与えてしまう物質のこと。

ソラレンは特に、私たちの身体の紫外線に対する感受性を高め、吸収しやすくしてしまう特性を持っています。

ソラレンを含む食べ物を食べてから外出すると、日焼けしやすくなってしまいます。

そして、なんと、
ソラレンを多く含む食べ物の中には、

ビタミンCを多く含む食べ物も多いんです!!

ソラレンを多く含んでいる食べ物は、主に以下のとおりです。

◎レモンなどの柑橘類
◎きゅうり
◎セロリ
◎パセリ
◎シソ
◎三つ葉
◎いちじく
◎アセロラ

など。

レモンなどの柑橘類は、ビタミンCを豊富に含むため、基本的にはお肌の強い味方です。

ただ、外出前に食べてしまうと、
紫外線をより吸収して日焼けを悪化させてしまう可能性が高いです。

レモンだけではなく、
オレンジ、グレープフルーツなど柑橘類は同様ですので、気をつけてくださいね。

夏野菜であるきゅうりやセロリも、ソラレンを多く含みます。

なので、毎朝グリーンスムージーを飲んでいる方。

きゅうりやセロリは入っていませんか?

もし入っていたら、外出前に飲むのは控えましょう!

ソラレンのピークは摂取して約2時間ほどでピークを迎えます。
その後は徐々に衰えていき、持続時間は7時間程度。

一方、紫外線の強い時間は、
10時〜14時がピーク。
こちらもその後夕方にかけて落ち着いていきます。

しかし、ソラレンを含んでいるからといって、食べないと決めるにはもったいない食材が多いですよね。

とくに柑橘類はお肌のために欠かせない、ビタミンCを非常に豊富に含んでいますし、

きゅうりやセロリは上がりすぎた体温を冷やし、
シソや三つ葉などの香菜類も
夏バテ解消の強い味方です。

これらの食材を積極的に食べるためには、どうしたらよいのでしょうか?

答えはカンタン。

「食べる時間帯を変える」

ことです。

つまり、柑橘類やきゅうりなどを食べる場合は、

夕食に食べれば大丈夫です!

日焼け、紫外線予防、朝食に食べると良い食べ物は?

では、朝食に食べる良いものなんでしょうか?

まずは…


★イチゴ

まずは、ビタミンA・C・Eが、バランスよく摂れる「イチゴ」

スポンサーリンク

朝食や、お出かけ前のお食事に、イチゴを数粒食べるようにすると良いです。

夏場はなかなか手に入れることは難しいですが、日焼け防止だけでなく、美肌効果もバツグンです。

必ず生で食べること、
洗うときは、ヘタをつけたままで空腹時より食後に食べると効果的です!

★トマト

強い抗酸化作用があり、メラニン色素の沈着を防いで、
シミやそばかすを薄くする働きがあり、ビタミンCも豊富に含まれています!

★ヨーグルト

ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌が紫外線予防に良いとされています。


★シャケ

シャケにはコラーゲンが入っており、また抗酸化作用もあるので、
予防に良いとされています。

また、カボチャ、ピーマンも日焼け予防に効果があります!

カボチャ、ピーマンには、イチゴと同様、三種類のビタミンエースがバランスよく含まれています。

和食なら、
焼きシャケにごはんとお味噌汁
トマトもいいですね!

洋食なら、

パンにヨーグルト、
ほうれん草やニンジンの野菜ジュース、
食後にイチゴなど

ソラレンを含む食べ物に気をつけながら、

朝食をしっかり採って一日を過ごしましょう!!

紫外線対策、外出後の食べものは何がいいの?

さて。
外出して紫外線に耐え、
帰ってきたお肌のために飲んであげたいのは、

アセロラジュース

アセロラには、
ビタミンC、アントシアニン

という2つの強力な抗酸化物質が豊富に含まれています。

これらは紫外線で弱った肌細胞を修復し、
日焼けによる炎症をケアします。

どちらもメラニンの生成を抑える作用を持っているので、
浅黒い色素の沈着をダブルでブロックし、美白を保ってくれるのです。

アセロラの栄養素はジュースにしても壊れないことで知られています。
ぜひ夕食やお休み前に、
アセロラジュースを一杯飲んでみてください。

ビタミンC、アントシアニンの他にも、美肌を守る栄養素は数々あります。

中でもとくに、

日焼け後のお肌のためにオススメなのが、たんぱく質と亜鉛です。

★たんぱく質

たんぱく質は「炭水化物」「脂質」とともに三大栄養素と呼ばれる栄養素です。
タンパク質は、筋肉や臓器、ホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源にもなる人間には必要な栄養素です。

タンパク質は主にアミノ酸によって作られており、アミノ酸がつながったペプチドに分解されて体に取り込んだ後、必要なたんぱく質として再び形成されます。

●たんぱく質を多く含む食べ物は

豚肉、卵、大豆、かつお、など…

★亜鉛

亜鉛は体内のビタミンAの代謝を促します。
ビタミンAの抗酸化作用の活性化を促し、過酸化脂質の害を防ぐことで、
アンチエイジング・生活習慣病予防にも効果が期待できます。

髪や肌の健康維持にも効果があり、
皮膚や髪もタンパク質からできているので、
亜鉛を摂取することで、タンパク質の代謝を促し、
皮膚や髪のトラブルを改善します。

皮膚や髪も新陳代謝が速いペースで行われるため、
亜鉛を積極的に摂ることで美肌・美髪効果につながります。

●亜鉛を多く含む食べ物は

かき、かつお、牛肉、かぼちゃ など…

これらの「アフターケア食材」を、夕食に取り入れていき、

まとめ

それでは、おさらいをしましょう!

★紫外線対策に効果的な栄養素と食材とは?

●ビタミンC (赤ピーマン・ブロッコリー・いちごなど)

●ビタミンB2 (レバー・うなぎ・納豆・いくら・卵など)

●ビタミンE ( アーモンドなどのナッツ類・植物油・アボカド・うなぎ・カボチャなど)

●ビタミンA (レバー・うなぎ・乳製品・にんじん・海苔など)

●リコピン (トマト・スイカなど)

★日焼けを促進させる物質「ソラレン」

★ソラレンを含む食べ物を食べてから外出すると、日焼けしやすくなる

★ソラレンを多く含んでいる食べ物

◎レモンなどの柑橘類
◎きゅうり
◎セロリ
◎パセリ
◎シソ
◎三つ葉
◎いちじく
◎アセロラ

★ソラレンのピークは摂取して約2時間ほどでピークを迎える。
その後は徐々に衰えていき、持続時間は7時間程度

★「食べる時間帯を変える」

ソラレンを含む食べ物を食べる時は、
夕食などで食べる。

★日焼けや紫外線予防、朝食に食べると良い食べ物は?

★イチゴ

ビタミンA・C・Eが、バランスよく摂れる「イチゴ」

朝食や、お出かけ前のお食事に、イチゴを数粒食べるようにすると良い。

★トマト

強い抗酸化作用があり、メラニン色素の沈着を防いで、
シミやそばかすを薄くする働きがあり、ビタミンCも豊富に含まれている。

★ヨーグルト

ヨーグルトの中に含まれる乳酸菌が紫外線予防に良いとされている。

★シャケ

シャケにはコラーゲンが入っており、また抗酸化作用もあるので、
予防に良いとされている。

★カボチャ、ピーマン

カボチャ、ピーマンには、イチゴと同様、三種類のビタミンエースがバランスよく含まれている

★紫外線対策、外出後の食べものは、

アセロラジュース

★たんぱく質や亜鉛も採ると尚良い。

日焼けによいもの、悪いもの。

それぞれありますが、日焼けに悪いとされるものでも、身体にはよいものばかりです。

食べる物と、食べる時間を上手に選び、
紫外線による肌ダメージをしっかりブロックしていきましょう!

それではまた~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。