紫外線って何?紫外線が多い時期や時間帯は?正しい知識を知りましょう!

気温も上がり、紫外線が気になる季節になりました。

外出の時には日焼け止め塗って、
帽子をかぶって、サングラスして…




って…毎日ようにしてるけど、

紫外線ってそもそも何?

これって意味あるの?

と、思うことありませんか?

ネットや雑誌では紫外線対策の情報が
たくさんあり、

紫外線は肌に悪い

オゾン層が破壊されて~

など言われていますが、

いまいちピンと来ない方もいるはず。

なので、

「紫外線とは何か?」

今回は出来るだけわかりやすく、お伝えしたいと思います!

分かりにくかったらごめんなさいm(_ _)m

スポンサーリンク
  

紫外線って何?太陽光や赤外線との違い

それでは、まず、

太陽と紫外線は別なのか?

と思っている方も多いのではないでしょうか?

太陽と紫外線は別なのではなく、

太陽光の一部が紫外線になっています。

ではわかりやすく太陽光について説明しますと、

地上に届く太陽光は、3つあるんですね。

それは何かといいますと、

★目に見える光「可視光線」

★目に見えない赤外線(熱と感じるもの)

★目に見えない紫外線(UV)

太陽光というより電磁波と言った方が
もしかしたら分かりやすいかもしれませんね。

ラジオの電波って目に見えないですよね?

紫外線もそれと同じで目には見えません。

可視光線とは、目に見える光=明るさなんですが、

その可視光線は、
「赤」「橙」「黄」「緑」「青」「藍」「紫」の7色に分かれていて、

まあ、いわゆる「虹色」というやつですね。

ここで先ほどラジオの電波にたとえましたが、

まさに電波の波長のように、

最も波長が長いのが赤、最も短いのが紫で、

可視範囲(目に見える範囲)を超えた部分の波長が赤外線と紫外線です。

太陽光、3種類のそれぞれの違い

それでは、太陽光、3種類のそれぞれの違いとは何なのでしょうか?

★可視光線 「光=明るさ」

植物にとっては光合成を、
人間にとっては体内時計の調整する作用があります。

★赤外線は「熱=温かさ」

太陽の光に当たるとポカポカと暖かくなるのは赤外線のおかげです。

熱すぎると熱中症を引きおこす原因ともなります。

★紫外線(UV) 「明るさ」「熱」とは違うもの

主な作用としては、

オゾンの生成&破壊の役割

DNA損傷作用(殺菌作用や日焼けなど)

ビタミンD3生成など。

ちなみに、よく聞くUVは
ウルトラ・バイオレットというらしいです!

なんか、カッコいいですね!

ウルトラ・バイオレット!!(笑)

紫外線は3つのタイプがある!SPFやPAとは?

紫外線はご存知の方も多いとおもいますが、

3種類に分けられます。

波長の領域や性質によって、3つに分けられているんですね!

◎一番多く地表に届くUV-A、

◎人体への影響が一番心配されるUV-B、

◎全く地表に届かないUV-C

この3つがあります。

★ほぼ全て地表に届くUV-A

太陽の光のいくつかは、降り注ぐ間に大気層で吸収されてしまいますが、

UV-A波は紫外線の中で一番長く、ほぼ全てが地表に降り注いでいるといわれています。

紫外線としての人体への影響はそれほど強くありません。

★一部が地表に届くUV-B

UV-Bは、UV-Aの次に長く、

UV-Bの一部は大気層で吸収されますが、

一部は地表にも届きます。

人体への影響が一番多いといわれる紫外線で、

肌や目などに当て続けると有害となります。

スポンサーリンク

雲の少ないときには、

8割以上ものUV-Bが降り注いでいるので、常に対策をすることが重要となります。

また、標高の高いところでは、平地よりも多くのUV-Bが降り注ぎます。

★紫外線C波

オゾン層に吸収されるため地表には到達しない紫外線。

通常は大気を通過する事が出来ない紫外線ですが、

生物に対する影響が最も強く有害とされています。

この事から、地球温暖化によりオゾン層の破壊が進むと、紫外線C波が地表に到達してしまい、

その結果様々な影響を及ぼしてしまう事が懸念されています!

怖いですね(-_-#)

オゾン層が破壊されない事を願うばかりです…

SPFやPAって何?

SPFやPAという言葉はきいたことはあると思います。

では、それらは、どういう意味でしょうか?

★SPF

Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)といい、

UV-Bを防ぐ指標として使われています。

SPFは、10から50+までの6段階に分けられていて、

数字が大きくなるほど効果も高くなります。

★PA

Protection grade of UV-A(プロテクショングレードオブユーブイエー)といい、

こちらはUV-Aを防ぐ指標として使われています。

PAは、+から++++まで4段階に分けられていて、

+の数が増えるほど効果も高くなります。

紫外線の多い時期や時間帯は?

紫外線の多い時期はいつなのでしょうか?

ズバリ、

7月、8月が一番多いです!!

しかし、気温が上がってくる4月、5月も要注意です!!

3月から徐々に上がってきて、9月頃から緩やかに下がり始める感じです。

紫外線の種類別に見ますと、

《紫外線A波が多く見られる時期》

・5月頃が最も紫外線量が多いとされますが、

紫外線B波と比べると天候に左右されないため、

紫外線量の変動は基本的にはあまりないです。

《紫外線B波が多く見られる時期》

・3~9月の春から秋にかけて強く降り注ぐ。

特に真夏の7月~8月に紫外線の量が増え、

真冬と比較すると紫外線量が約5倍になるとされる。

・天候などにより5~6月が最も多くなる場合も。

注:秋冬でも紫外線対策を!

紫外線は夏の暑い時期にだけ降り注いでいるわけではありません。

量は減りますが、秋冬でも紫外線は降り注いでいます。

季節や天気に関係なく紫外線対策をすることが、重要になってきます!!

紫外線の多い時間帯は?

大体、朝10時~お昼14時くらいです!!

この時間帯は特に念入りに日よけ対策をしたいですね!

まとめ

それでは、これまでのおさらいをしましょう!

★太陽と紫外線は同じで、目に見える光「可視光線」、目に見えない赤外線、目に見えない紫外線(UV)がある。

★紫外線は、UV-A、UV-B、UV-C の3つがある。

★UV-A波は、紫外線の中で一番長く、ほぼ全てが地表に降り注いでいる。
紫外線としての人体への影響はそれほど強くない。

★UV-Bは、人体への影響が一番多いといわれる紫外線。

雲の少ないときには、8割以上ものUV-Bが降り注いでいるので、常に対策をすることが重要。
標高の高いところでは、平地よりも多くのUV-Bが降り注ぐ。

★UV-Cは、オゾン層に吸収されるため地表には到達しない紫外線。

★SPFは、Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略。

主にUV-Bを防ぐ。

SPFは、10から50+までの6段階に分けられ、
数字が大きくなるほど効果も高くなる。

★PAは、Protection grade of UV-A(プロテクショングレードオブユーブイエー)の略。

主にUV-Aを防ぐ
PAは、+から++++まで4段階に分けられ、
+の数が増えるほど効果も高くなります。

★紫外線の多い時期は、7月、8月が一番多い

気温が上がってくる4月、5月も要注意!

★秋冬でも紫外線対策をする。

季節や天気に関係なく紫外線対策をすることが、重要に!!

★紫外線の多い時間帯は、朝10時~お昼14時。

と、このようになりました!

紫外線のことを正しく知って、正しい紫外線対策をしましょう!!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。