お盆の盆棚って何?何を用意すればいいの?分かりやすくご紹介!

もうすぐお盆の季節。

お盆の時期には、
「ご先祖様があの世から戻ってくる」
と言い伝えられています。

今回は、毎年飾る盆棚の、そもそもの意味や、
何を飾るのか?
また、飾る物の意味なども、ご紹介していきますね!

お盆に用意する盆棚とは?どういう意味があるの?

盆棚とは

お盆に先祖の霊に供物を備える棚

のことです。

地域によっては、

精霊棚や先祖棚

と呼ばれることもあります。

最近は、仏壇の前に飾ることが多いのですが、

以前は庭先や玄関、お墓などに飾り、

先祖の霊を迎え入れる祭壇として用いられてきました。

盆棚の飾りつけは、

机や台の上にマコモのゴザを敷いて位牌を置き、
燭台、花立て、香炉と一緒に飾ります。

また、周囲には、動物の形などをあしらった
季節の野菜や果物、故人の好物などをお供えします。

盆棚には色々なものを飾るのですが、
それぞれどのような意味があるのでしょうか?

盆棚は仏教からくる文化

盆棚は、仏教にみられる文化で、

浄土宗、真言宗、日蓮宗、天台宗、臨済宗

などで飾っています。

一方、浄土真宗では故人は亡くなるとすぐに仏様になるという考えから、
本来は盆棚飾りはせず、
迎え火や送り火もしません。

ですが、最近はお寺や地域によって、準備するところもあるようです。

盆棚・精霊棚の飾り方は、

地域や宗派によっても特徴があります。

今回は一般的に盆棚・精霊棚に用意するものを

まとめてみました。

お盆の盆棚の意味とは?

盆棚・精霊棚のそれぞれの意味とはどんなものなのでしょうか?

ひとつずつみていきます!

盆棚やお供えに必要なもの

★お供え物を置く台

経机や、小さなテーブルでも代用できます。

★マコモのゴザ

マコモというイネ科の草で作ったゴザを机の上に敷き、
その上に盆棚を飾ります。

お釈迦様がマコモで編んだ寝床に
病人を寝かせて治療されたと言われていることから
盆棚の下に敷かれるようになりました。

白い布で代用することもできます。

★麻幹(おがら)、箸木(はしぎ)

おがらは、迎え火や送り火、

はしぎは、キュウリの馬やナスの牛の足に使います。

精霊馬(しょうりょううま)、精霊牛(しょうりょううし)

キュウリを足の速い馬、

ナスをゆっくり歩く牛に見立て、

ご先祖様を送り迎えする乗り物として飾ります。

ご先祖様をお迎えする日は内側に向け、
送る日は外側に向けます。

★御霊具膳(おりょうぐぜん)

精進料理をお供えする器。

★盆提灯(ぼんちょうちん)

先祖や故人の霊が迷わず帰ってくる目印として、

盆棚の左右に飾ります。

1つで飾る場合もあります。

スポンサーリンク

★盆花(ぼんばな)

盆花の代表的なものは

キキョウ、ミソハギ、ハギ、おみなえし、ゆり

など。

由来は、盆花迎えと呼ばれる、先祖の霊が
盆花を依代(よりしろ:神や霊が宿るものの意味)に
家に戻ってくるという行事が行われていたことから、
飾られるようになりました。

仏花や故人が好きだった花をお供えしてもOKです!

注:棘のある花や毒のある花は避けます。

★お供え物

故人の好きだったものや季節の野菜や果物を飾ります。

地域によって、次のようなお供え物をする場合もあります。


★盆団子(ぼんだんご)

ご先祖様の食事として飾ります。

送り団子または迎え団子とも言い、
地域によって形状や飾り方は様々です。

★素麺(そうめん)

素麺は、先祖の霊が戻ってくるときに乗る、
馬の手綱に見立ててお供えするといわれています。

★鬼灯(ほおずき)

ほおずきは、霊に場所を示す、
盆提灯に似ているという説が一般的です。

鬼灯だけを皿に盛って飾る場合もあります。

★笹竹

笹竹は結界を張るためという説があります。

縄もこの笹竹に張り、縄と笹竹で結界を張ります。

★閼伽水(あかみず)とみそはぎの花

閼伽水とは器にきれいな水を入れたものです。

中に5~6本くらいのみそはぎの花を添えて飾ります。

先祖の霊があの世から戻ってくるときに、
一緒に付いてきた悪霊を祓うという意味が込められています。

★水の子(水の実)

蓮の葉の上に、洗った米とさいの目に切ったナスやきゅうりを盛りつけたもの。

諸説ありますが、

たくさんの霊をお迎えするときに
「すべての霊に食べ物が行き届くように」
という思いから始まったとされています。

季節の果物・そうめん・お膳など、
たくさんの食べ物をお供えするのは、

飢えた先祖の供養のためと言われることもあります。

お盆の盆棚飾りする時期はいつ?

盆棚飾りは、いつ飾るのでしょうか。

飾る期間

8月13日~16日(7月13日~16日)に飾ります。

また、先祖の霊は提灯の明かりを目印に戻ってくるため、

お盆初日の夕方までに盆棚や軒先、玄関などに、
盆提灯を飾るようにしましょう。

盆棚を飾りはじめるのは、
12日頃から13日の朝くらいまで

に用意します。

また、地域によっては7月7日に飾るところもあるなど
地域差もありますので、
あらかじめ確認しておきましょう。

盆棚まとめ

盆棚・精霊棚には様々な文化があります

一般的に盆棚で用意されるものを紹介しましたが、
地域や家庭によって、盆棚に飾るものは様々でしょう。

それぞれの家庭で引き継いできた文化や、
地域の風習など、お盆を通じて
再発見することがたくさんあります。

今年のお盆は、
「どうしてその文化があるのか」
「なぜ我が家はこの盆棚を受け継いできたのだろうか」
など家族に聞いたり、
じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

すこしでも参考になれば幸いです!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。