お盆に帰省する時の手土産は?お供えは必要?金額とのしは?

お盆には帰省されるご家族も
多いかと思います。

自分の実家に帰るならまだ気楽ですが、
旦那様の実家に行くとなると
気を遣いますよね!

親戚の方が集まるなら尚更…

初めてお会いする場合は
どんな方だろう?とか、
上手くお付き合いできるかな?とか.

悩みは尽きないと思います。

そこで、帰省する時には
何を持っていけばいいのでしょうか?

手土産とお供えものは両方必要?

喜ばれる手土産やお供えの品、

金額の相場や「のし」など、

一通りのやるべき事をまとめてみましたので、

良ければ、参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク
  

お盆の帰省時に手土産は必要?

お盆に実家に帰省するときは、
基本的には手土産を持っていったほうが良いです。

手土産というのはご実家の家族への
お土産ですので、
みんなで食べられるようなものや、
ご両親の好きな物などを気楽に選びましょう!

また、親戚が集まる場合は、
親戚分も用意していくとよいですよ!

叔父、叔母の家族分だけでなく、
いとこの分も用意して渡すと、
なおGOODです^^

自分たちが後々お世話になり、
付き合っていくのは、、いとこ世代ですので、
今からお付き合いをしておきましょう!

持っていって渡してみて、
反応を見るのもよいですね。

「そんなに気を遣わなくていいわよ」
などと言われたり、
必要ないようでしたら、

次の年からは手土産は実家の分だけにするか、
少し多めに持って行って、
もっと手軽なものにしていくなど
対応すれば大丈夫です!

お盆の手土産は何を選べばいい?

お盆に限らず、
基本的には相手方の好みや
家族構成を考慮した上で
手土産を選ぶものですが、

迷ったときは相手に何が良いか
聞いてみるのもひとつの手です。

おすすめのものを
まとめてみましたので、
参考にして頂ければ嬉しいです^-^

手土産におすすめのもの

手土産ですと、やはり相手の好みに合わせるのが1番です。

お酒を飲む方であれば、
ビールや、地酒やワイン、
ビール券なんかでも良いでしょう。

相手の好みがよく分からない場合には、
夏の暑い時期になりますので、

ゼリーやプリンなどがおすすめです!

口当たりが良くて、見た目も涼しげで色鮮やかなので夏っぽいです。

また、水ようかんなどの
口当たりが良い和菓子は
年配の方には喜ばれますよ!

有名なお店の焼き菓子なども、
お盆は親戚などの来客も多いので、
個別包装されたものは
お客様に出しやすく、喜ばれます!

※ただ、夏なので、生菓子などの傷みやすいものは避けるようにしましょう!

手土産にはのしは必要?

一般的に、手土産の場合、のしは必要ありません。

お店で包装してもらい、
持って行く用の紙袋を何枚かもらっておくと、
途中破れてしまっても安心ですよ!

お盆の帰省時にお供え物は持って行った方がいい?

帰省する際には、

手土産の他に、お盆ですので
仏壇にお供えするものを持っていった方がよいでしょう。

お盆のお供えというと、

香典と品物がありますが、

初盆でない限り
現金を包む必要はないでしょう。

スポンサーリンク

また、お供えの品には
「のし」をつけます。

表書きは『御供』です。

直接自分でお線香をあげる時に
仏壇に供える場合もありますが、

基本的にはお家の方に
「心ばかりですが、ご仏壇にお供えしてください」
などと言って渡します。

お供えにおすすめなもの

お供えとして一般的なのは、

お線香やロウソクです。

また故人のことを知っている場合は、
その人が好きだったものをお供えとして
持って行くのが良いでしょう。

食べ物でも問題はないのですが、

その場合は日持ちするもの、
お煎餅やクッキーなどを
選ぶようにすると良いですよ!

香典を持っていくなら?

基本的には香典は必要ないのですが、地域や家庭によっても違うと思います。
心配な場合は用意をしていくとよいでしょう。

こちらも始めは持っていってみて、
必要ないようでしたら次の年からは
品物だけにすればよいでしょう。

★また直近で亡くなられた方が居た場合は

新盆になりますので、

その場合はお供えではなく香典として、

現金を用意するのが一般的です。

お盆の帰省時に持って行く手土産やお供え、お香典の相場とは?

手土産もお供えもあくまでも、
『気持ち』が一番大雪です。

相手との間柄によりますが、
一般的な手土産・お供えの相場は

3000~5000円程度と言われています。

金額に関してはあまり難しく考えすぎず、
相手に渡したい品物で
選ぶようにすれば大丈夫です!

お供えに関しては、
「あの人、これ好きだったなぁ」と
故人のことを思い出して選んでみてはいかがでしょう?

大切なのは、その人を供養する気持ちですから。

お香典の金額の相場と袋は?

(新盆以外では)

金額は3,000円か5,000円が相場です。

香典袋は『御仏前』
(または「御佛前」)
と書かれているものを選びましょう。

水引が実際に付いているような豪華な袋は不釣り合いですので、印刷されているものでよいです。

新盆の場合は、

1万円程度が良いとされています。

もう亡くなられて
仏様になっているので、
不祝儀袋で、表書きは
『御仏前』または『御供』と書くのが良いでしょう。

まとめ

★実家に持っていくものは、
実家への手土産と仏壇へのお供え物が一般的です。

★お供え物の、のしは「御供」で。

★香典も持っていくなら、
相場は3,000円か5,000円を
『御仏前』として包みましょう。

★『手土産』と『お供え』を分けて用意する新盆の場合は、

香典として現金(1万円程度)を用意します。

★表書きは『御仏前』または『御供』と書く

地域や、おうちによっても
マナーが異なる場合があるので、
事前にその地域のマナーを下調べしておくのも、
良いかもしれません。

ですが、マナーに囚われすぎず、

「相手のことを想って選ぶ」

という、
手土産を選ぶ上で最も大切な
『気持ち』は忘れずに、
楽しい帰省が出来るようにしましょう!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。