地震がおきたらまずするべき事とは?やってはいけない事、必要な対策や準備とは?

地震大国と言われる日本。

阪神淡路大震災や東日本大震災など、
他にも各地で起こる地震。

地震が起きたとき、まず何をするべきか、
ご存知ですか?

そして、いざ災害に遭遇したとき、
あなたはどうしますか?

阪神淡路大震災と、大阪北部地震を体験をもとに、

お話しますね!

スポンサーリンク
  

地震がおきたら。まずするべき事とは?

「地震がきたら、まず机などの下にかくれましょう!!」

そう、教えられた人も多いと思いますが、

半分合っいて半分間違いです!

机が近くにあるなら良いですが、

机などが離れている場合、揺れているときに移動は出来ませんし、
逆に危ないです!

地震が来たらまずすること

1.その場でしゃがみ、近くにあるクッションや枕、雑誌やカバンなどで頭を守る

なければとりあえず、手だけでも大丈夫です。

とにかく、まず自分や我が子の命を守りましょう!

2. 揺れが収まったら、火の元を確認。

火が消えている事を確認して、元栓を閉めます。

火の元は必ず確認してください‼️

パニックになってしまって忘れがちですが、
確認をせずに火事になれば、更に大変な事に!!

3. 出口を確保する。

玄関や勝手口、割れていなければ、
窓などが開くか確認。

大きな地震だと、扉が歪んでしまったり、
物が散乱して出入口をふさいでしまうこともあります。

散乱したもので怪我などしないように注意しながら、

出口を確保しましょう!

4.家に家族がいれば集まり、
ラジオやテレビ、スマホなどで現在の状況を確認。

5. 非常袋の中を確認。
いつでも避難出来るように準備する。

その間も余震が来たりするので、
気をつけながら、
とりあえず落ち着くまで様子をみます。

こちらも合わせてどうぞ!
台風や地震の災害の時の備えは?避難グッズで必要な物は何?

揺れが収まったらする事。

●電気やガス水道など使えるか確認。

ラジオやテレビ、住んでる地域のホームページにも
ライフラインの状況があると思いますので、
そこからも確認してください。

ガスは、地震の場合、
自動的に供給ストップすると思いますので、
ほぼ使えないでしょう。

電気は数時間後か、翌日には、
復旧することが多いです。

水道は、地域によって出る所もあれば、
出ない所もあります。

一度水を出して確認してみます。

もし問題なく出れば、今後に備え、

バスタブやバケツ、ヤカンやお鍋などに
水を貯めておきましょう!

注意 お子さんがいる家庭では、
お子さんがバスタブで溺れる可能性もありますので、
違う方法で水を確保するか、
子供がお風呂場に近寄らない様に
気をつけましょう!

また、家の中を片付ける場合は、
割れたガラス片などで怪我をしないように、
必ず靴か靴下とスリッパを履きます。

家族と連絡をとる。

スポンサーリンク

地震直後は、固定電話は回線が通じない事もありますので、
少ししてから連絡を取り合うようにします。

携帯電話やラインなどSNSを使うと
繋がりやすいですよ^^

避難する場合

●お隣さんやご近所さんと声をかけあい、避難を開始します。

その時、必ず両手は空けるようにし、
お子さんがいる場合は手を繋ぎます。

防災頭巾やヘルメット、
なければ、帽子の内側にタオル入れて
被ります。

●避難は、必ず徒歩で!!

倒れそうなブロック塀や、落ちてきそうな看板などに気をつけましょう!

地震がおきたとき、やってはいけないこと!

地震でパニックになり、外に飛び出す!

外はどのような状況かわかりません。
看板が落ちてきたり、塀が倒れてくることも。

必ず揺れが収まり、情報を収集して、
外の様子を確認してから外に出るようにします。

家の中を裸足で歩く。

物が倒れたり色々なものが散乱している中に
ガラス片が散らばっている可能性があります。

必ず靴か、靴下とスリッパを履いてから、移動しましょう。

停電などでうす暗いところで、作業する。

怪我をするもとです。

必ず軍手や手袋をしましょう!

地震の対策や準備はどうするの?

●寝室の家具の配置を安全にする

寝ているときに、棚や倒れたり、
花瓶など重いものが落ちないようにします。

特に枕元には何も置かないようにしたり、
家具は低い位置で揃えたり、
色々工夫してみましょう!

●棚をきちんと固定する

震度6以上ですと、棚は倒れてきます。

つっぱり棒などで固定をしましょう。

また、扉がついていなかったり、手前に開くタイプの扉だと、
揺れで中身が散乱することがあります。

●重いもの、割れ物は棚の上のなどにに置かない。

●非常持ち出し袋を定期的に確認する。

薬が古くなっていたり、
ガーゼや絆創膏などが黄ばんでいたり
食料品の期限が切れていたりします。

最低限、夏と冬の2回、
もしくは衣替えと一緒に見直しましょう!

また、地震が起きたときは、
火元を確認する。

避難するときはブレーカーをおとす。

怪我をしないように、軍手や靴を履く。

怪我をしても、災害時には救助には中々来てくれません。
ですから、自分の不注意での怪我は
避け、
自分の命は自分で守ります。

地震まとめ

私は阪神淡路大震災と、大阪北部地震を体験しました。

どちらとも、揺れが激しく、

頭をかばう事も出来ず、
ただ、その場で動かずにいることしか、出来ませんでした。

多分、実際に地震に遭われた方は
そうじゃないかなと思います。

地震後も電気ガス水道は止まり、
不便な生活を送りました。

地震はいつ起こるかわからないものです。

何回経験しても慣れるものではないし、
毎回凄く怖い思いもします。

ですから、せめて自分や大切な人の命を守れるように、
地震に備えて自分に出来る限りの対策はしておきましょう!

それでは、また!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。