敬老の日の意味や由来は?何歳から? また敬老の日の過ごし方とは?

父の日や母の日、こどもの日、

成人の日に、敬老の日。

国民の祝日はたくさんありますが、

敬老の日はどんな祝日がご存じでしょうか。

お年寄りを敬う日であることは間違いないのですが、

具体的に何をすれば良いの?!

と、いう方も多いかと思います(^-^;

そこで今回は、敬老の日には何をすると喜ばれるのか、

何歳からお祝いするのかも解説させていただきますね^^

スポンサーリンク
  

敬老の日の意味や由来とは?

敬老の日とは、

多年にわたり社会に貢献してきた老人たちに感謝し、長寿を祝う日。

とされています。

また、敬老の日は日本独自の制度で、

敬老の日は、
昭和22年に兵庫県多可群野間谷村
(現在の多可町八千代区)
がはじめた「としよりの日」が由来です。

野間谷村は農閑期にあたり、

気候もいい9月中旬の15日に
敬老会を開いていましたが、

昭和25年からは兵庫県全体に広がり、
その後、全国に広がりました。

昭和39年に名称を
「老人の日」に改称され、
そのまた翌年に、発祥の地である
野間谷村からの働きかけもあり、

国民の祝日「敬老の日」に制定されました。

一般的に家庭では、

孫から祖父母へ何か贈り物をする、ということが多いようです(*^^*)

敬老の日はいつ?また何歳から?

敬老の日は毎年9月の第3月曜日。

2018年は9月17日月曜日になります。

ちなみに、かつては敬老の日は9月15日でしたが、

祝日法改正によって、
9月の第三月曜日に変更されました。

何歳から敬老の日にお祝いをする?

敬老の日はお年寄りに感謝し、
長寿を祝う日ですが、

具体的に何歳からお祝いをするべきなのでしょうか。

一般的に、老人や高齢者と呼ばれるのは65歳以上ですが、

中にはまだまだ年寄り扱いされたくない、
という方もいらっしゃいます。

また、ご両親に敬老の日にお祝いをすると

「年寄り扱いされている!」

スポンサーリンク

と気分を害してしまうことも(>_<) なので、配偶者や自分の両親に 日頃の感謝を伝えたいのであれば、 敬老の日ではなく、 父の日や母の日にのお祝いをおすすめします! 年齢的にはお年寄りであっても、 当人はそう思われたくない方も多いので、 敬老の日にお祝いをするかしないかは、 慎重に考えた方が良いかもしれませんね。

敬老の日の過ごし方やどうお祝いすればいい?

最近では、60歳や70歳近くの方でも、
元気で仕事や趣味、運動や旅行と、
アクティブに過ごしている方もいらっしゃいます。

元気すぎて、敬老の日にプレゼントや、
お祝いしてもいいか迷ってしまうこともありますよね!

でも、お年寄りとして扱われることに
抵抗がある方でも、

自分のお孫さんからの贈り物は、
とても嬉しいと感じる方は多いようです!

敬老の日には、ぜひお孫さんから
お祝いをしましょう!

おじいちゃん、おばあちゃんにあてた、
手紙や似顔絵でも良いですし、

同居していないのであれば、
遊びに行って顔を見せたり。

電話をして声を聞かせてだけでも、
十分喜んでもらえるはずです!

他には一緒に食事したり、
お孫さんの手作りプレゼントや
花束を贈るのもおすすめです!

プレゼントにはメッセージカードを添えれば、
より気持ちが伝わりますよ。

また、あえて何もしないというのも、
アリだとおもいます。

敬老の日は、
必ず何かを贈らなくてはいけない、
お祝いをしなければいけない。
という決まりはありません。

普段言えない感謝の言葉を伝えるだけでも、
十分なのです。

敬老の日に、何をしようかなと、
もしお悩みでしたら、

たまにはプレゼントではなく、
いつもありがとう
と感謝の気持ちを伝えましょう!

遠方に住んでいるなら、
電話をするのも良いですね^^

敬老の日は、何かをプレゼントする日ではなく、

お年寄りを敬い、長寿を祝う日ですので、

物にこだわらなくても、
全く問題はありません!

まとめ

敬老の日はお孫さんから、
おじいちゃん、おばあちゃへ
日々の感謝を伝えたり、
ちょっとしたものをプレゼントすると、
喜んでもらえますよ!

孫からのプレゼントは年齢関係なく、
嬉しいと感じる方は多いです。

特に遠方に住んでいて、
なかなかお孫さんと会えないのでしたら、
敬老の日は会いに行って、
一緒に過ごすと
きっと喜んでもらえるはずです!

今年も素敵な敬老の日をおくりましょうね!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。