お彼岸の意味や由来とは?いつから?お墓参りは何故するの?

お彼岸という言葉は良く聞きますが、
はっきりと何をする日かわからなかったり、

お墓参りをしたり、お仏壇に手を合わせたり
と、毎年していても、

何故お彼岸にお墓参りをするかを
知っている方は意外と
少ないのではないかと思います。

日本には「日本らしい」と思える
数多くの風習がありますが、
現代に生きる私達は
それらを行う理由や由来についてまでは
あまり詳しく知りません。

それでは、
せっかく日本人に生まれたのに、
もったいないですし、

一つ一つの行事の意味を知ることは
大切なのではないかと思います。

そこで今回は、
お彼岸の由来や意味について、
まとめてみました!!

スポンサーリンク
  

お彼岸の意味や由来とは?

彼岸(ひがん)とは仏教用語で、

サンスクリット語の
パーラミター(波羅蜜多)が
語源とされており、
パーラミターとは到彼岸、

煩悩や悩みを越えて到達する悟りの境地

のことを言います。

逆に、
煩悩や悩みに溢れた私達が住む世界を

此岸(しがん)と言い、

此岸にいる者が
「布施」「持戒」、「忍辱」、「精進」、「禅定」、「智慧」

の6つを修業することで、
彼岸に行くことができるとされています。

ちなみにこの6つの修業を
『六波羅蜜』と言います。

また、仏教の西方極楽浄土の教えにより、

十億万仏土先の西方には
阿弥陀如来がいるとされる浄土がある、
言われていることから、

太陽が真東から昇って真西へ沈む

春分・秋分の日を中日として
前後3日計7日間を
「彼岸」
と呼び、

この期間に修業をするのがよいとされていました。

お彼岸の起源は奈良時代、

非業の死を遂げた崇道天皇(早良親王)の
御霊を鎮めるため、

全国の国分寺の僧に、七日間読経するように、
とのお達しがあったことが日本後記に記されていて、

スポンサーリンク

それが起源だという説があります。

お彼岸はいつ?春のお彼岸・秋のお彼岸の期間は?

お彼岸の期間は、

彼岸の中日をはさんで前後3日間、計7日あり、
                               
2018年の春彼岸

3月18日(水):彼岸入り
3月21日(土):春分の日(彼岸の中日)
3月24日(火):彼岸明け
                               
2018年の秋彼岸

9月20日(日):彼岸入り
9月23日(水):秋分の日(彼岸の中日)
9月26日(土):彼岸明け
                
                 
となっています。
                                                    

お彼岸にお墓参りするのは何故?

実は、
お彼岸に墓参りをするのは日本独特の風習です!

仏教国であるインドやその他の国では見られません。

「彼岸」そのものは仏教の教えですが、
「お彼岸」は日本でのみ行われ、
正式名称は「彼岸会(ひがんえ)」
と言います。

日本には、昔から
農業に関連した儀式を行ったり、
自然崇拝の考えがあり、

種を撒く時期(春)や、収穫の季節(秋)には

五穀豊穣や安全を山や先祖に
祈願しました。

また、仏教の伝来前より
『神道』と言って、
万物に神様が宿るという考えが
日本にはあり
(八百万の神と言います^^)

太陽も神様として崇められていたことから、
そこに仏教の西方浄土の教えが伝わったことで、

太陽が最も真西へ沈む(西方浄土)
その時、
彼岸(あの世)と此岸(しがん:現世)

最も近くなるので、

そこに居られるご先祖様を偲んで供養をし、
自分自身も修業をするよい時期である、といわれています。

なので、お彼岸の期間にお墓参りや
法事・法要をして
ご先祖様を供養するお宅が多いようです。

お彼岸はお墓や仏壇をきれいに掃除し、
お供え物をしてご先祖様を偲ぶ、
良い機会だということですね^^

                        

まとめ

お彼岸の意味や由来のまとめ

いかがでしたか。

お彼岸は、仏教の教えが日本独自で発展していった、
独特の風習であることがわかりました。

また、
春と秋の2回行われる理由についても知ることが出来ました!

お彼岸のお墓参りって、
なんとなく行っていましたが、
ちゃんとした理由があったんですね!

必ずしなくてはいけないことではないんですが、
ご先祖様や
お亡くなりになった方々を偲ぶ、
良い機会だと思いますので、

これからも続けていきたいと思います!!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。