お彼岸のお墓参りはいつがいい?お盆との違いや帰省出来なかったら?

秋も中頃になると、お彼岸の時期ですね!

あなたは毎年お彼岸に帰省したり、
お墓参りなどはされていますか?

毎年してる方も、していない方も、

ふと、お墓参りはいつするのが正しいの?
と思ったりしませんか?

また、お彼岸とお盆の違いなど、

何気に知ってそうで知らない事って
ありますよね?

今回は、お墓参りするタイミングや、
お盆との違い、
また、お彼岸に帰省やお墓参りを出来ずに過ぎてしまった場合など、

ちょっとした豆知識をご紹介しますので、
是非参考にして下さいね(*^^*)

スポンサーリンク
  

お彼岸のお墓参り、いつするのが正しいの?

お彼岸の期間は、

春分の日をお中日として、
前3日が彼岸入りで
後3日が彼岸明け
と呼ぶものを春彼岸

2018年は3月18日が彼岸入り
3月21日がお中日
3月24日が彼岸明けとなります。

秋分の日をお中日とし、
前3日が彼岸入りで
後3日が彼岸明けと呼ぶものを秋彼岸

2018年は9月20日が彼岸入り
9月23日がお中日
9月26日が彼岸明けとなります。

いつお墓参りすればいいの?

お墓参りはこの日に!!という日はありません!

しいていいますと、
お彼岸の4日目が「お中日」で、
春ならば春分の日、
秋ならば秋分の日の祝日となりますので、
この日に行かれる方が多いです。

ですが、
1日目から7日目、
もしくはその中の日曜日に
行っても全く問題ないですよ^-^

我が家でもそのなかの日曜日に出かけます。

実はお隣がお寺さんなので、
分からないことはよく尋ねるのですが、
「お彼岸の何日でなければダメ!」
というのは、聞いたことはないです。

なので、行ける日に行くのが一番良いかと思いますよ!

お彼岸とお盆の違いとは?

お彼岸とお盆って両方ともお墓参りするからか、
違いが無いように思いますが、
実は違うんです!

ではまず、軽くおさらいしてみましょう!

お彼岸とは?

彼岸の期間は
春分の日や秋分の日をお中日として、
前3日が彼岸入り
後3日が彼岸明けと
一週間続きます。

彼岸の意味

西方浄土の教えから、
東から昇った太陽が真西に沈む
春分の日と秋分の日の西方に
極楽浄土があるとされています。

極楽浄土の悟りの境地である彼岸とは違い、
我々が現在いる此岸(しがん)は、
煩悩や悩みに溢れた混迷の世界であるから、
この彼岸の期間中パーラミターの到彼岸に行けるよう、

「布施」「持戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」の六修行を行う期間とされています。

また、日本独自で、ご先祖様に
日々の行いを報告する日でもあります。

お盆とは?

お盆の期間

お盆は一般的にはお盆休みと言われる期間の8月13日から15日(16日)の期間
※地方によっては、
7月13日から15日(16日)の場合もある

スポンサーリンク

お盆の意味

13日を迎え火と言い、
おがらを焚き霊を家に迎え、
お盆期間中は家でご先祖様と一緒に過し
16日に送り火を焚きお帰りいただくものです。

地方によっては
13日にお墓に行きご先祖様をお迎えし、
一緒に家に来ていただき
16日に再びお墓に送り届け
お帰りいただく場合もあります。

もちろん本当に
ご先祖様があの世から来て
一緒に過すわけではないですが、

お盆でお迎えする、祀る、過ごす、
お帰りいただく

それらの行為自体が
故人を偲び大切に想う事になりますので、
一年で一回の行事ですので大切にしたいものです。

お彼岸とお盆の違い

こちらから出向き、
極楽浄土の世界におられるご先祖様に
日々の生活(修行)を報告しに行く
のがお彼岸

御先祖様に、
あの世からこちらの世界に帰ってきてもらい、
家で一緒に過ごしていただくもの

がお盆なのです。

多分、ご先祖様を想い感謝する点では同じなので、

そこが、ごっちゃになる原因ではないでしょうか?

ご先祖様にご報告にいく、お彼岸。
ご先祖様をお迎えし、一緒に過ごすお盆。

そう記憶すれば、ごちゃごちゃにならずにすむと
思いますが、どうでしょう?^^

お彼岸に帰省やお墓参りが出来ない場合は?

今年は仕事や用事で、お彼岸が…

という場合もあるかと思います。

ですが、
必ずお彼岸にお参りしなければいけないわけではなく、

行けるときに行けば大丈夫です!

もし、後日帰省した場合、
ご主人様やご自分の実家に帰ったら、
お仏壇の前で手を合わせれば大丈夫です。

ご主人様の親が健在なら、
おりんを少し叩きましょう。

ロウソクや線香は
点けない方がいいように思います。
(後の片付けが大変ですので。)

ポイント

ご主人の実家に行く時、
手土産を持っていくかと思いますが、
それを仏壇に供えましょう。

「嫁が来ると、いつも土産を持ってくる」
と、ちょっと嫁姑の関係が
穏やかになるかもしれません^^

まとめ

さて、今回は、

お彼岸にお墓参りする日は特に決まりはなく、
いつでも大丈夫ということ。

また、お彼岸とお盆の違いは

こちらから出向き、
極楽浄土の世界におられるご先祖様に
日々の生活(修行)を報告しに行く
のがお彼岸。

御先祖様に、
あの世からこちらの世界に帰ってきてもらい、
家で一緒に過ごしていただくもの
がお盆。

また、お彼岸が過ぎてしまっても、
ご先祖様や故人を偲び感謝する気持ちがあれば、

いつ帰省やお墓参りしても大丈夫。

ということでした!

良かったら、参考にしてみて下さいね!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。