中秋の名月の由来は?時期やお月見でだんごを食べるのはなぜ?

日本の秋

夜を楽しむ行事と言えば、

お月見ですよね^-^

お月様を見ながらお団子を食べるなんて、
最高じゃないですか??

お月見の時期が近づくと、
近くのスーパーでうきうきしながら、

お団子を物色してます(^-^ゞ

(花より団子ならぬ月より団子ですww)

それはさておき、

日本では十五夜の月を「中秋の名月」
といいます。

でも、「お月見」や「中秋の名月」
という言葉は知っていても、

実際の所、お団子食べるだけなのか、

そもそもなんでそんな行事があるのかなど、

わからない人も多いと思います。

そこで、
中秋の名月と呼ばれるお月見は
一体、誰がいつ始めたものなのか?

お月見の由来や、時期、
なぜお団子を食べるのかなど…
いろいろと、まとめてみました!

スポンサーリンク
  

中秋の名月の意味や由来は?

「中秋の名月」には月を眺めて、
お団子を食べたり、お供え物をする

などといった習慣がありますが、

そもそも「中秋の名月」とはなんでしょうか?

「中秋の名月」とは

秋の真ん中に出る満月”の意味で、

旧暦では、

1月~3月を春
4月~6月を夏
7月~9月を秋
10月~12月を冬

としていたことから、

8月は秋のちょうど真ん中であり、
8月15日の夜に出る満月ということで、
そう呼ばれるようになりました。

現在用いられている新暦では、
太陽の動きをもとに暦を作っているため、

1ヵ月程度のズレが生じます。

なので、

9月7日から10月8日の間に訪れる満月の日を
十五夜・中秋の名月と呼んでいます。

中秋の名月の由来とは?

中国の「中秋節」という習慣が
伝わったのが由来とされています。

お月見として日本には平安時代に伝わりました。

当時は貴族の間で、お月見をしながら
詩を歌ったり、宴をしたり
ということが月見の始まりだと
されていて、

お月見が一般的に民衆に広まったのは

江戸時代。

古来から月は信仰の対象となっていて、
月に祈りを捧げることで生活の向上や、
豊穣があるとされてきたのと、

秋の稲の豊作祈願と収穫を祝うお祭り(収穫祭)
を行うようになったのが、
始まりだと言われています。

また、芋類の収穫の時期でもあったため「芋名月」とも呼ばれるほどです。

ですので、お月見の時には
芋類のお供え物も多かったようです。

お月見の時にお供え物をするといったことは
このような由来があり、
それが今でも残っているのですね^^

スポンサーリンク

中秋の名月の意味や由来は?

では、早速ですが、
2018年の中秋の名月(十五夜)は、いつか、
みてみましょう!

……

……

じゃーーーん!!

2018年は9月24日です!!

ちなみに、

2019年は、9月13日。

2020年は、10月1日。

2021年は、9月21日

です。

中秋の名月と満月の関係は?

いつも、お月見はするけど、

なんか満月じゃない気がする…

そう思った事ありませんか?

実は、月の満ち欠けが
きっちり1日単位ではないので
中秋の名月(十五夜)が満月とは限らないのです!

今年は、9月25日が満月なので、
中秋の名月は、1日前になります。

といっても僅か1日程度のことなので、
肉眼では、ほぼ真ん丸の
素晴らしい満月を見ることができはずです^^

ちなみに、これからの中秋の名月と満月の関係は下記のようになります。

年 / 中秋の名月 / 満月

2018年 / 9月24日 / 9月25日

2019年 / 9月13日/ 9月14日

2020年 / 10月1日 / 10月2日

2021年 / 9月21日 / 9月21日

と、
今年から2020年まで、1日早い十五夜になりますが、

2021年はぴったり同じなので、

お月様をみながら、

♪十五夜お月様みて跳ねる~♪

と歌えます♪ (題名忘れました///)

中秋の名月でおだんごを食べるのはどうして?

中秋の名月、十五夜のお月見で
団子を食べるような
今のスタイルになったのには、
収穫祭でのお供えが関係しています。

芋名月と呼ばれるほど
お芋の収穫の時期と重なるため、
お月見のお供え物は
「里芋やさつまいも」などをお供えするものでした。

また同時にお米の収穫の時期でもあったので、

お米で作った月見団子を供えることで、これからの収穫を祈る。

といった意味がありました。

また月見団子の形が
「満月」をイメージしており、
健康や幸せも祈りとして込められていた
と言われています。

今では、中秋の名月では
お団子をお供えするのが一般的ですが、
京都など一部の地方では、
お芋をお供えする風習が残っている場所もあります。

まとめ

静かな中でお月見をしていると、
幻想的な雰囲気に包まれ、

「昔の人もこうやって付きを眺めていたのかな?」

と、感慨深くなるものです。

おだんごを食べながらですけど(笑)

しかし、中秋の名月(十五夜)には
このような由来があり
今もその風習が残っているのですね。

今年もうまくお月見ができればいいのですが、

雲に隠れたりすることも多いし、

地域によっても見え方が変わってくるので

こればかりは運を味方につけるしか無いですね(^-^ゞ

お月さまは眺めているだけでも風情を感じますが、
こういった事情も知っておくと、

さらに理解が深まると思います。

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。