中秋の名月と仲秋の名月との違いは?もうひとつの名月十三夜とは?

テレビや本、
そしてネットなどで
お月見に関する話題を見ていると、

「中秋」の名月

「仲秋」の名月

という、2つの漢字(表記)が出てきて、

「中秋と仲秋の違いって、なに?」

なんて疑問を、抱いてませんか??

この違いが気になってしまう人も

きっと多いと思います。

かくいうワタクシもそうです(^-^ゞ

そこで今回は、
中秋(の名月)と仲秋(の名月)の違いについて
分かりやすくまとめてみました^^

スポンサーリンク

中秋の名月の中秋と仲秋の違いって何?

ズバリ結論からいいますと、

「中秋」とは、旧暦の8月15日のこと。

「仲秋」は旧暦の8月1か月間、すべてをさす言葉。

ですので、旧暦8月15日をピッタリ指す中秋の名月は
漢字として「中秋」の方が、
意味合いとしては合ってることになります。

そして、名月(めいげつ)は、

「清く澄み渡った月」という
意味がありますので、

中秋の名月は、旧暦8月15日に見られる
キレイなお月さま。

仲秋の名月は、旧暦の8月中に見られる
キレイなお月さま、

という意味に
それぞれなるということです。

ちなみに、旧暦の8月をさす仲秋に
「仲」の漢字が充てられている理由は、

昔から中国で、
はじめを「孟」
おわりを「季」、
そして真ん中を「仲」
という文字を使って表す
慣習があったからです。

旧暦の「秋」は7月~9月の
3か月間を表していたので、

7月:孟秋 (もうしゅう・秋の初めの月)
8月:仲秋 (ちゅうしゅう・秋のまん中の月)
9月:季秋 (きしゅう・秋の終わりの月)

と、それぞれ呼ばれていました。

実は広辞苑では「中秋」と「仲秋」は
同等に扱われている!!
広辞苑で「ちゅうしゅう」を引いてみると、

★ちゅうしゅう【仲秋・中秋】

陰暦八月の異称。
陰暦八月一五日の称。

こんな感じで、この2つの言葉は
もはや一緒の項目内で扱われて
しまっているんですよね。

なので、
「中秋」と「仲秋」の意味は
多少違っても、

「中秋の名月」と「仲秋の名月」は

旧暦8月15日の十五夜の名月を指す
同じ意味になります。

中秋の名月、十五夜名月とは?

十五夜名月とは?

旧暦8月15日
(新暦では9月中旬から10月初旬)

十五夜は、
お月見・名月・仲秋の名月
などと呼ばれ、

古くから、お月見の絶好の季節とされ、

お月様を観ながら宴会を開き、

スポンサーリンク

詩を詠んだり、
すすきを飾り、
月見団子や里芋、枝豆や栗などを盛って、
神酒を供え、月を眺めて楽しんだ
と言われています。

「仲秋」は旧暦8月15日のことを指しますが、
本来は旧暦の8月を言い、

特に仲秋の15日の満月の日を、
八月節・仲秋節と言いました。

昔、古の時代は月の満ち欠けによって、
おおよその月日を知ることで
農事を行っていました。

そのため十五夜の満月夜は
祭の行われる大切な節目でもありました。

仲秋の名月を鑑賞するという風習は、

中国では唐の時代から知られていますが、

日本へは平安時代の貴族の間に取り入れられ、
武士や町民へと次第に広まって行きました。

農民の間では農耕行事と結びついて、

収穫の感謝祭としての意味を持って行きました。

仲秋の名月は「芋名月」とも呼ばれますが、

これは里芋など
芋類の収穫儀礼であったことに由来しています。

こうして庶民の間で、
年中行事の一つとして、
長く伝承されて来ました。

また仲秋の名月は、
古くから数多くの詩歌や俳句の材料にもなっています。

今宵の月・三五夜・望月夜・名月等

と詠まれるのは、

仲秋の名月のことを指しています。

中秋の名月、もう一つの名月、十三夜とは?

旧暦の毎月13日の夜を「十三夜」と言いますが、

旧暦9月13日の夜は特別で、
古くからこの夜の月を観賞する習慣がありました。

十三夜は、
新暦でおおよそ十月中旬から下旬にあたり
旧暦8月15日の
「仲秋の名月」に対し「後の月」とも言われます。

また、十五夜を芋名月と言うのに対して、

豆名月や栗名月とも呼びます。

十三夜では、十五夜と同じように
供え物をして祝いますが、
その頃の旬の大豆や栗が主役で、
その他に月見団子・柿なども添えます。

十三夜の月祭りは、
日本固有の風習(秋の収穫祭の一つとして)
と考えられいて、
十五夜のように中国から伝来したものではない
と言われています。

古くは醍醐天皇の時代、
延喜19年(919)の九月十三日に、
観月の宴が催されたのが始めだとも言われ、
広辞苑には
「宇多法皇がこの世の月を無双と賞したことによる」
と記されていますが、
はっきりしたことは分かっていません。

また、旧暦八月の十五夜月見をして、
旧暦九月の十三夜の月見を行わないことを、

片月見と言って忌み嫌う風習がありました。

十五夜の月見を行った後は、
翌月に必ず十三夜も
月見をして祝うものだとされていました。

まとめ

今回は「中秋(の名月)」と
「仲秋(の名月)」の違いについて、

また、十五夜や十三夜についても
まとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

ワタクシとしては、

仲秋の名月と呼びたいです。

だって素敵じゃないですか?

昔の方が使っていた漢字や言葉は
風情があって大好きなんですよね^^

それはいいとして、

この記事がすこしでも役に立てれば
嬉しいです^^

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。