カラオケで腹式呼吸が必要な理由は?腹式呼吸のコツをご紹介!

カラオケで歌ったり、
音楽の授業なので歌う時にはよく、

腹式呼吸をして歌いましょう!
と言われていますが、

なぜ大切なのか疑問に思ったりしませんか?

「その方が声が出やすいからでしょ?」

と思う方もいると思いますが、

なぜ声が出やすくなるんでしょうか?

また、腹式呼吸を自分でやるとなると、
どうしたらいいのか、わからないですよね?

そこで、

なぜ、腹式呼吸が良いのか、
胸式呼吸と腹式呼吸の違いや、
腹式呼吸のコツなどを
ご紹介します^^

スポンサーリンク
  

カラオケで腹式呼吸が大切な理。そのメカニズムとは?

呼吸のメカニズムとは?

まず、呼吸には
「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の
2つがあり、
私たちは普段この2つを無意識に
使い分けています。

胸式呼吸

「胸式呼吸」は、肩や胸が上下する呼吸で、
普段起きている時はこの呼吸になっています。

(よく、女性は胸式呼吸が多く、
男性は、起きてる時も腹式呼吸をしているとも言われていますが、
定かではないです/汗)

また、運動した後などでハアハアしてるときは、胸式呼吸です。

腹式呼吸

「腹式呼吸」は、上体がリラックスしていて、
みぞおちから下腹の辺りが、
しぼんだり膨らんだりします。

実は、寝ている時は誰もが腹式呼吸になってます!

いやーそう言われると、
体が自然に腹式呼吸してるのに、

「自分、なんで寝てるんだ!もったいない!」

って思ってしまうのは私だけでしょうか?(笑)

まーそれはいいとして、

腹式呼吸では、
左右ある肺の下に「横隔膜」があり、
この「横隔膜」を下げて
空気をたくさん入れます。

注横隔膜とは。
しゃっくりをすると、みぞおちの辺りが
ヒクッとけいれんしますよね?
そこが横隔膜です。

結論として、

普段の胸式呼吸より、腹式呼吸では、
多くの空気(息)が入ってきます!!

腹式呼吸が大切と言われる理由

腹式呼吸で多くの空気(息)が入ると、

使える息が多くなる
ということになります。

簡単に言いますと、

★使える息が増え、息が長く出せる
↓↓↓
今まで息が続かなくて歌えなかった、
長いフレーズが歌える!

★使える息が増えて、安定した息が出せる

音程が安定する。声が震えない。

★使える息が増えて、
大きい音や小さい音までコントロールできる。

メリハリのある歌い方が出来る!

大きな声を出そうと、喉を使って
張り上げたりせずに、
どっしり芯のある声が出せる!!

そう言われたら、もう、

腹式呼吸で歌うしかないじゃん!!

ってなりますよね^^

カラオケで使える腹式呼吸をしてみましょう!

まずは、先ほども言ったとおり、

人間は寝るときは無意識に
腹式呼吸をしています。

なので、その感覚を掴みましょう。

初心者の方が腹式呼吸を意識するのには、
まず仰向けになってその感覚を掴むことが
一番の近道になります^^

仰向けの状態で腹式呼吸の感覚を掴む

1 床にあお向けに寝て体の力を抜き、
静かに、自然に呼吸をします。

この時、変に意識して息を吸おうとせず、あくまで自然に。

そのまま寝てしまうくらい
リラックスします。

2 リラックス出来たら、お腹に軽く手を添えて、
どのように動いているか確認します。

この状態でお腹を膨らませながら息を吸い、
お腹をへこませながら息を吐くことを繰り返して、

腹式呼吸の感覚を確かめてください。

立っている状態ではバランスを取るために、
いろんな所に力が入ってしまいますが、
寝そべることで、お腹に意識を集中しやすくなります!

立った状態で腹式呼吸をする

仰向けの状態で腹式呼吸の感覚を掴んだら、

スポンサーリンク

今度は立った状態で

腹式呼吸をやってみましょう。

1 まずは、足は肩幅程度に開き、

手を肋骨と腰骨の間くらい
(おへそから、おへそより少し下くらい)に当てて、
ここに、空気を入れていくつもりで、
息を吸って、吐きます。

2 次に上体を前に傾けて、
同じように息を吸って吐きます。

このとき、1でやった姿勢より、
前に傾けて呼吸したときの方が、
上体の力が抜けているため、
より多く息が入ります。

慣れてきたら、徐々に体を起こして、

腹式呼吸をしてみてください。

このように徐々に歌っている姿勢に近い状態にして、

腹式呼吸ができるようになっていきましょう。

途中、腹式呼吸が分からなくなったら、
もう一度、仰向けに寝て、

腹式呼吸の感覚を何度も繰り返し
体に覚えてこませましょう!

カラオケで歌うための腹式呼吸のコツとは?

まずは、

● 決して力まない

力が入ってしまうと体がガチガチに
緊張してしまって、
正しい呼吸が出来なくなってしまいます。

最初のうちは緊張を解くことを意識しましょう。

● 息を吸いすぎない

息を使いきらないうちに、
たくさんブレス(呼吸)をすると、
吸いすぎてしまいます。

息を吸いすぎると体が硬く緊張してしまうので、

吸うことより吐ききること

を意識しましょう!

● 絶対に肩を上げない

息を吸う時に、肩の位置を変えてはダメです。

肩が上がってしまっては、浅い呼吸、
胸式呼吸になってしまいます。

肩の高さを変えず、息を吸えば、
自然とお腹が膨らみ、空気が入ってきます。

この感覚は座ってやると分かりやすいですよ^^

● 寝ている時のような自然な呼吸を

「吸うぞ!」「吐くぞ!」と、
意気込みすぎたブレスは(呼吸)は
NGです!

「必要な分だけ出して、必要な分だけ入ってくる」
これがいいブレス(呼吸)です。

そのためには、
吸う時や吐く時に、息を止めず、円を描くように連続した呼吸
(ラウンドの呼吸)
を心がけましょう!

腹式呼吸に慣れてきたら

立った状態で腹式呼吸ができるようになったら、

今度は歌いながらやってみましょう。

これが結構難しかったりします(^-^ゞ

今まで歌う時に、呼吸について
意識していなかった場合は、

腹式呼吸をしながら歌うと
息継ぎが難しく感じるかもしれません。

慣れている歌でも、歌いにくくなることがあります。

そこで、腹式呼吸で練習する時は、

いきなり1曲フルコーラスで歌うのではなく、
1コーラスずつ歌う練習から始めるなどして、
徐々に慣れていきましょう。

きちんと出来ているか確認するためにも、

自分の歌を録音して
チェックしてみるのもオススメですよ。

まとめ

今回はカラオケで腹式呼吸を行う理由や、
腹式呼吸の仕方やのコツをご紹介しました。

この腹式呼吸をするか、しないかで、
自分の歌がかなり変わります。

最初は出来なかったり、
やりずらさを感じたり、
本当に出来るようになるのかな?
と不安になったりすることもあると思いますが、

毎日少しずつでも練習していけば、
習得できるはずですので、
あせらず、
頑張っていきましょう!

腹式呼吸はマスターすれば、
本当に自分の声が変わりますよ^^

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。