カラオケで喉を痛めない歌い方とは?のどの開けかた、発声法とは?

歌には発声が大事ですが、

その発声とは、どんなことをすればいいのでしょうか?

のどを開けてー。

お腹から声出してー。

とよく言われますが、

どういう風にすればいいかわからないですよね?

そこで、

前回の腹式呼吸の続き、

今回は、

のどを痛めない、のどのあけかた

などをご紹介します!

スポンサーリンク
  

カラオケで喉を痛めない歌い方、喉を開けるとは?

カラオケで歌っていると、
のどが痛くなったりしませんか?

高い声を出そうと声を張り上げたり、
フリータイムで何時間も歌ったり…

これは、きちんとのどを開けていない証拠です。

プロの方が毎日何時間歌っても
のどをつぶさないのは、
のどの奥がひらいていて、力が抜けているからなんです!

声を出すのに一番ラクなのどの状態は、
あくびをする時ののどの状態です。

歌うとき、こののどを開いた状態だと、
のどを痛めることは、ほぼありません。

先日、腹式呼吸の仕方をご紹介しましたが、

腹式呼吸をして歌っていても、
声を出す出口(声帯やのど)が、閉まっていれば、
よい声は出せません。

★すぐのどが痛くなる。

★自分の声が嫌い。

★もっと高い声で歌いたい。

★もっと上手くなりたい。

そんなあなたには、是非、

この、のどの開けかたをマスターして、
素敵な声を手にいれましょう!

のどの開けかたを練習していけば、
喉を痛めることもなくなってきますよ^^

カラオケでのどの開けかた実践してみましょう!

歌うためののどの作り方

あくびの時の、のどを意識する。

1 まずは、あくびをしてみます。

口を大きくあけて、舌も下に下がって
のどの奥が開いた感じがしませんか?

この、のどの奥が開いた感じを
覚えておいてください。

2 あくびの時の、のどの奥の開いた感じを維持します。

まずは、

●口を大きく広げる。

●舌は軽く下の歯に当てる感じで。

●のどの奥を広げる。

この時にのど仏が、いつもの位置より
下がっていればOKです!

更に、「はぁ~」と軽くため息をつくと、分かりやすいですよ^^

スポンサーリンク

3 のどの奥を開く感じが掴めたら、
のどを開けたまま、連続した呼吸をします。

息を吐くときに「はぁ~」ため息と一緒に、
上体の力を抜きます。

ここでは、のどを開けて、脱力することを意識します。

のどを開けるとついついのどやあご、
舌に力が入ってしまうので、
力が入らないようにしましょう!

この練習は、のどを開けるための練習と、
のどを開け、リラックスする練習を
主としていますので、

のどをリラックスさせることを心がけてください^^

h3 暗くこもった声から明るい声質へ

ここからは、のど声から、
歌うための声を出す訓練です。

1 口を縦に開き、上の歯のウラに
声を当てるように意識し、
歯のウラからまっすぐ斜め上に声が抜けるイメージで、
「アー」と声を出します。

のどは開けた状態のまま、
のどの奥を上にあげるイメージです。

このとき、お腹に力を入れてやると、
やりやすいですよ!

大きい声を出さないようし、
あごは引きます。
あごが出るとのど声になりやすいので、
気をつけましょう!!

2 少し慣れたら、今度は長めに声を出します。

体はリラックスし、のどが開いて、
正しいポイントに声が当たっていれば、
明るくて抜けのいい声をキープ出来ます。

声を出していて、のどが痛くなる場合は、
声を当てるポイントがずれていたり、
のどが開いてないので、

もう一度、あくびの状態をつくって、
力を抜いてからチャレンジしましょう!

3 (1)を色んな声の高さで練習します。

カラオケでのどをあける方法のコツとは?

のどを開ける時のコツ

● 余計な力は入れない

歌の上手い人ほど、使う力はわずかで、
「のどが痛くなる」のも
「声が震える」のも、
「息が続かない」のも、

ほとんどの原因は
「~の力が足りない」ではなく、
「~の力が抜けない」せいであることが、
多いです。

胸やのどの力が抜けるだけで、
かなり楽に声が出せるようになるはずですよ^^

●必ず、のどの奥を開ける練習をしてから、声を当てて明るい声を出す練習を!!

のどを開ける感覚を覚える前に
声を当てて声を出す練習をすると、

のど声になってしまい、疲れてしまいます。

必ず、のどの奥をあけリラックスする感覚を掴んでから、
声を当てる練習をして下さい。

● 声を当てる練習では大きな声を出さない。

大きな声を出すと力んでしまい、
のど声になってしまいます。

最初のうちは、小さな声でいいので、
確実に、声を当てるポイントを掴むようにしましょう。

ポイント

これらの練習は時間をかけていくものです。

すぐ出来なくて当たり前です!

少しずつでいいので、
出来るだけ毎日練習しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はのどの開けかたをご紹介しました。

腹式呼吸とあわせて、
のどの開けて歌う声を出せるようになれば、

今までより、グンと良くなりますよ!

5分や10分だけでもいいので、

毎日練習することが大切です!

頑張りましょうね!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。