上手く歌うコツ。声を響かせるには鼻を響かせよう!

カラオケを歌っていても、

「声が小さい」

「声量が無い」

と悩んでる方はとても多いと思います。

でも、むやみに間違った発声で

大きな声を出し続けたり、

歌い続けてしまうと、

喉をつぶし翌日にはガラガラの声になってしまいます。

そこで、

声を響かせるコツ

についてお伝えしたいと思います^^

スポンサーリンク
  

上手く歌うコツ。声を響かせるとは?

声に限らず、
音を響かせるための第一条件は、

空間を作ること。

空間がないとどんな音も響きません。

ギターなどの弦楽器も、

あの丸みを帯びた空洞のボディが、

弦の振動に寄って発した音を

響かせて美しい音色になります。

歌の場合は体が楽器。「空間」をつかって響かせる

歌が上手い人は、
小さな声でささやくように歌っても、
大きな声で張り上げても、
遠くまでよく通る声で、

しかも音程も正確で

凄い!!

ってなりますよね!

それも全て

「体に響かせるのが上手い」

からです。

声は声帯を空気(息)で振動させて出しますが、

声帯だけで鳴る音は、本当に小さな音です。

それを身体のいろいろな部分に
響かせて(共鳴させて)、
大きな音にしています。

ですので、
身体に響かせるポイントが多ければ多いほど、
音量も大きくなり、
さまざまな音色のバリエーションのある声が出せるようになります!

3つの主な共鳴腔

咽頭腔(いんとうくう):声帯の上

共鳴腔として一番最初に機能する最も大事な共鳴腔。

口腔(こうくう):口の中

二番目に大事な共鳴腔。目で見やすくコントロールし易い。

鼻腔(びくう):鼻の空間

高音 ナ行、マ行 ンの音を使う際に共鳴させます。

他には胸やお腹、のど、鼻、頭など、
いろいろとありますが、

とくに、鼻腔への共鳴(鼻に響かせる事)は、

音程を正確にし、
安定した声を出せるようになります!

また、初心者でもやりやすいので、

まずは鼻に響かせるトレーニングから、
始めましょう!

上手く歌うコツ!鼻に響かせるハミング

鼻に響かせるハミング

1 まずは、のどを開きます。
あくびの状態で。

スポンサーリンク

2 のど開けた状態で、口を軽く閉じ、
口の中を丸く開ける
(口の中に水をためているようなイメージ)

3 <2>のまま、軽く小鼻の上辺りを触り、
「ンー…」とハミングします。

このとき、ハミングしたときに、
小鼻の上辺りがビリビリと震えたら、
OKです。

この感覚がつかめたら、音程をつけます。

4 ピアノなどに合わせて、
ソファミレドと一音ずつなめらかに。

小鼻の上の響きを意識しながら
丁寧に。

5 <3> <4>と同じ場所が響くように意識しながら、
軽く口を開けて、ハミングします。

6 ハミングの「ンー…」のあとに、
「ンがアー…(鼻濁音)」と発音してみます。

これは、鏡をみて練習します。
あごや舌、顔の表情が変わったら、
その部分が助けてしまっているので、
最初からやり直してください。

鼻だけで響かせられるようにしましょう!

7 「ンー…」と「ンがアー…」を交互に。
(ピアノ使って、自分の出しやすい音でOK)

この時、のどは開いた状態で、
「ンー…」から「ンがアー…」に変わる時も、
鼻の響く所、音を当てるところ、
音程は変わらないようにする。

8 「ンー…」と伸ばしてる時に、
のどや口の状態は変えず、
音を前の方に持ってくるようにします。

(村上ショージのギャグ「ドゥーン」をイメージして)

って古すぎてわかんないですね(笑)

鼻より少し前に手を持ってきて、
そこまで音を届かせるようにイメージします。

この時、遠くまで音を届かせようと、
つい力みがちですが、
最初は無理せず、

小さくても、鼻に響かせることを
意識しましょう!

響かせる事が出来れば自然と大きく、
前へ響かせることが出来ます!

9 ピアノを使い、いろんな音階でやってみます。

「ンがアー…」より「ンー…」を大切に。

「ンー…」のはじまりで音を探ったりせず、
音を出す瞬間から、その音を出せるようにします。

例 ドレミレドー

ドミソミドー

ドレミファソファミレドー

など。

歌う前にこの練習をしておくと、
のどもラクで、ピッチの良い声(音程が良い声)が出しやすくなります。

(鼻を響かせる練習を鼻起こしといいます。)

上手く歌うコツ、ポイントは?

●のどを締めたり、のどで力まない

鼻を響かせて抜けのいい声を作りたいのに、
のどで力んでしまうと、
鼻への空気の流れがスムーズにいかなくなり、
響かなくなってしまいます。

●あごや表情筋の力にたよらない

頬の筋肉を上げると響きやすい感じがしますが、
頬の筋肉に助けられていると、
その表情でしか歌えなくなります。

鼻だけで響かせられるようにしましょう!

また、口を閉じたままだと、
歌に活かせなくなるので、

鼻を響かせる感覚を掴んだら、

必ず口を開けてのハミングの練習をしましょう!

●響きを前に出す

はじめは大きな音にはなりませんが、
響きが前に出るようになると、

力まなくても、
ハミングの音量もアップしてきます!

最初は小さくても、
力まず鼻に響かせることを意識しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

音を響かせる、共鳴させるというのは

とても奥が深いので、

難しくなりすぎず、

出来るだけ分かりやすく説明させていただきました。

参考にしていただけると嬉しいです!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。