夏バテならぬ秋バテって?夏バテとの違いや症状は?

夏バテならぬ「秋バテ」って言葉は知っていますか?

夏もようやく終わり、

過ごしやすくなってきたこの季節。

でも何となくまだ体がだるい…。

そんな方はもしかしたら「秋バテ」かもしれません!

秋バテって言葉を初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか?

今回は、その秋バテについて
症状と対策をまとめてみました^^

スポンサーリンク
  

夏バテならぬ秋バテ?秋バテとは?

「秋バテ」とは、夏の暑さもやわらぎ、

ようやく涼しくなってきたのにもかかわらず

★体がだるい、
★疲れやすい

などの体の不調が続いている状態をいいます。

原因としては

夏のあいだに冷房に当たりずぎたり、

冷たい物の取りすぎ

自律神経が乱れているのに加えて、

秋の朝昼夜の寒暖差や

長雨などの低気圧の影響が加わって起きてきます。

こんな症状は秋バテのサイン!

症状としては、

★疲れやすくだるい
★食欲がない、胃がもたれる
★よく眠れない
★寝不足でボーッとする
★立ちくらみやめまいがする
★頭痛や肩こりがする
★便秘や下痢…

などがあります。

夏バテが8月の暑さ真っ盛りの時期に起きるのに対して、

秋バテは涼しくなる9月以降に起きます。

『秋バテ』になる原因は?

クーラーによる自律神経の乱れや、
暑さによる疲労やストレス。

冷たいモノの取り過ぎ

冷房によるカラダの冷え

季節は秋になり、

朝晩少しづつ涼しくなりつつあるのに、
夏の生活リズムや習慣のまま

過ごしたりしていせんか?

秋は、朝晩と日中の温度差が激しいため、

風邪を引きやすく、

さらにカラダが冷えやすいので

体調を崩してしまうことも。

夏の暑さを引きずったまま、

薄着や冷たいモノを取り過ぎると、

カラダの表面は暑いのに、

カラダの中は冷えた状態となり、

夏バテ解消どころか、

余計に体調を崩してしまう
『秋バテ』になってしまいます。

『秋バテ』は、

夏の間にためてしまったカラダの冷えから、

自律神経を乱し、血のめぐりを悪くして
内臓の機能をマヒさせています。

自律神経の乱れ(ストレス)と
冷え(血のめぐり)こそが、

『秋バテ』の主な原因!

涼しくなっても『夏バテ』がよくならなかったり、

秋口になってから、急に不調がでてきたら

『秋バテ』かもしれませんよっ!!

夏バテと秋バテの違いとは?

夏バテと秋バテって何が違うの?

一言でまとめるとこんな感じです。

【夏バテ】

暑さのせいで体力や食欲がなくなり

なんとなくだるい、元気がない

※発症時期

7~8月の夏真っ盛りの時期

【秋バテ】

スポンサーリンク

食欲がなくなり、疲れやすくなり
立ちくらみやめまいがする

頭がぼーっとし、寝不足で
朝スッキリ起きられなくなったり
便秘になったりすることも。

※発症時期

9月以降

ということで、時期だけでなく
症状にも夏バテと秋バテは
違いがあるんですね。

夏バテや秋バテの原因は?

最近の夏バテは、
冷房で
室内と外気温の差があまりにも
大きいことが原因と言われています。

その変化に体がついていけず
ストレスとなり、自律神経を乱したり
冷房で体が冷え切ってしまうそう。

この疲れがたまると
9月になって秋バテになると
言われています。

夏の間に冷房で冷やしてしまった体、
来るってしまった自律神経と
冷えが原因なんですね。

じゃあ秋バテの原因と対策は?

秋バテは、

夏の間に冷房で自立神経が乱れ、
体が冷えていたり、血の巡りが
悪くなっていたりすることが
原因です。

ですから、冷えを取り除いて
血の巡りをよくしていきましょう。

夏バテならぬ秋バテの対処と予防法は?

なってしまった「秋バテ」の予防&対処

秋バテの大きな原因が

自律神経の乱れと、
それによる血の巡りが悪くなることですので、

冷えを取りのぞき、
血のめぐりをしっかりとケアしてあげましょう。

●温めの湯船にゆっくりとつかる。

シャワーでパパッと過ごさずに、
温めのお湯にゆっくりと入る時間をつくりましょう。

38〜40度のやや温めの湯船につかるようにします。

温熱効果で血のめぐりをスムーズにしてあげることが大切です!

新陳代謝もアップし、疲れも取れて、
夜もぐっすりと眠れるようになりますよ^^

●マッサージでリラックス

1日の終わりやお風呂上がりに、

カラダのコリをほぐしてあげるとリラックスにも。

寝る前の腹式呼吸なども

リラックス効果がありますよ!

●リフレッシュには軽い運動を

軽い運動をすると、
脳内でカラダを活性化するホルモンが分泌され、
スッキリした1日を過ごすことができるようになります。

オススメは、20~30分ほどのお散歩やウォーキング。

お散歩やウォーキングなど
軽めの運動を毎日続けることにより
自律神経の機能も回復して、

ストレス解消にもなります。

●秋肌をうるおす美肌食材

なるべく冷たいモノは控えて、
温かい食べ物(飲み物)をとります。

胃腸が弱ってるときはムリに食べず、
胃腸に負担をかけないように、
よく噛んでゆっくり食べることが大切です。

また、ビタミンの豊富な食べ物をよく噛んで食べることも重要です。

豚肉や納豆はビタミンB1が豊富で自立神経を整える働きがあります。

さつまいもやかぼちゃ、じゃがいもなども免疫力を高める効果もあるので
オススメです!

お肌の乾燥の気になる秋は、
内側からたっぷり潤す食材をチョイスし
美肌を育てましょう^^

●クーラーの温度設定

まだまだ残暑の残る秋口は、
クーラーを使うことが、ありますよね?

自律神経の乱れの主な原因のひとつ、外気との温度差。

5℃以上の差を繰り返していると
、バランスを崩しはじめるので
温度設定には十分に気をつけましょう。

夜遅くまで起きていたり、
冷たいものを食べたり飲んだり。

まだまだ暑いと感じていても、
季節は少しづつ秋へと変わりはじめています。

早めの秋バテ対策で、

夏の疲れを追い出し、

秋の生活サイクルにチェンジしていきましょうね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

秋バテって初めて聞きましたけど、

夏からの疲れが、秋に出てくる

ってことなんですねー。

ワタクシ、一年中バテている気がするんですが、

これは、一年中疲れが取れてないって事なんでしょうか(^-^;

みなさんも、夏バテ、秋バテに注意して、

素敵な毎日を過ごして下さいね^^

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。