愛犬の夏バテの症状や原因は?またどう予防すればいいの?

気温が上がってくる季節は
人間だけでなく、
ワンちゃんにとってもつらい時期になります。

ワンちゃんも食欲が無くなったり、
あまり運動をしなくなるなど
夏バテに似た症状を起こす事があります。

症状がひどいと病気を併発してしまう可能性も。

飼い主ができるワンちゃんの
夏バテ対策法とはどのようなものでしょうか。

詳しく説明していきますね^^

スポンサーリンク
  

愛犬の夏バテ。夏バテの原因とは?

ワンちゃんの夏バテの原因は?

ワンちゃんはとくに暑さに弱い生き物です。

ワンちゃんは毛皮があるため、
人間よりも体温調節が苦手です。

また、日本は非常に高温多湿な環境。

日本産犬の場合は、
毛が生え変わるため、
夏は毛が少なくなり、
冬は毛が多くなります。

しかし、外国産のワンちゃんは
それほど環境に柔軟でない種類が多くいます。

特にワンちゃんは

寒い地域が原産の種類が多いため、

夏の暑さには非常に弱いのです。

暑い日々が続くと次第に身体に疲れが溜まり、

人間と同じように、
それが夏バテの原因になっています。

愛犬の夏バテ、症状とは?

夏バテの症状とは?

春先に比べ活発さがなくなり元気がない

暑い日々が続くと
次第に身体に疲れが溜まってしまいます。

だるくなるべく動きたくないため、

飼い主さんの元に喜んで走ってくることも、
おもちゃで遊ぶこともしたくなくなります。

歩き方がゆっくりになる

主に散歩中に見られる症状です。

夏の外は気温だけでなく、
アスファルトの照り返しや
地面の暑さを感じています。

人間よりも地面に近い犬は
特にその影響を受けやすく、
普段散歩が大好きな子でも
歩くスピードがゆっくりになり
ノロノロと歩くようになります。

食欲がなくご飯を残す

人間同様、犬も夏バテになると
暑さから食欲が湧かなくなります。

普段ならご飯の支度をしていると
待ち切れず催促していたのが
しなくなります。

与えても不味そうにノロノロ食べたり、
ニオイを嗅ぐだけで食べないこともあります。

おやつしか食べない

夏バテになると食欲が湧きません。

そのため嗜好性の高いものだけを
食べるようになります。

食べるからとおやつばかりを与えてしまうと、
栄養バランスが悪く、
余計体調不良になってしまいますので
注意が必要です。

寝ていることが多い

暑さによるダルさから

スポンサーリンク

身体をあまり動かしたくないため
じっとしていることが多くなります。

軟便または下痢をする

夏バテが続き、ご飯も満足に食べていないと
栄養バランスが悪く、便が緩くなります。

長期の軟便や下痢は
さらに体力を消耗してしまいますので、

長く続くようであれば動物病院へ連れて行きましょう。

またその他に「嘔吐」をするようであれば、

夏バテを通り越して
「熱中症」になっている可能性が高いため
様子を見ずに動物病院へ連れて行きましょう。

愛犬の夏バテ。対策方法とは?

愛犬の夏バテ症状と対策法は?

①食欲がなくなる

夏バテの初期症状として
一番見られるのが食欲減退です。

対策法としては、

まず水分を多く取らせる事。

体の水分量が低下していることが
食欲低下の一因となっていることがあります。

いつもより多めに水を用意してあげ、
できるだけ新鮮な水を与えます。

夏は不衛生になりがちなので、
新鮮な水を与えられるように
こころがけてあげましょう。

ワンちゃんの食欲低下に関しては、
エサにも水分が多いモノを
与える事が有効です。

エサにトマトやキュウリなど
夏野菜を交ぜて与えてあげましょう。

②運動量の低下

運動量の低下も夏バテの症状でよく見られるものです。

このような場合は、
家の温度が適温でない、
直射日光を当たりすぎたということが原因です。

ワンちゃんは人間と違い、
体温調節が苦手。

飼い主にとっては家が適温でも
ワンちゃんにとっては
家が適温では無い場合があります。

ワンちゃんにとっての適温は25度前後。

部屋の温度をこまめに調節してあげましょう。

また、散歩に行く時間にも注意が必要です。

気温の下がった夕方に
散歩に行く人は多いと思いますが、

アスファルトの熱は短時間では
下がっていません。

ワンちゃんは人間より低い位置を歩くため、
アスファルトの熱を感じやすいのです。

夕方でも気温が下がりきった時間帯に

散歩してあげるようにしましょう。

まとめ

私たちよりも、暑さに弱い愛犬たち。

だからなおさら夏バテにならないように、

私たちが注意深く見守ってあげたいですよね!

そのためにも、症状や対処法を知っておきましょう!

また、わからないことや、気になることがあれば、

すぐに獣医さんに診てもらいましょう!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。