9月病かも?聞きなれない9月病とはどんな症状?

  

9月病とは?どんな病気なの?

元々はヨーロッパで流行したもの

9月病はもともと、
ヨーロッパで流行したもの。

日本に比べ、ヨーロッパは夏季休暇が長いですよね。

休みが終わっても、気持ちがなかなか仕事に向かない人が多いそう。

そもそも、勤勉な日本人とは違い、

普段の仕事も、お昼休みを長くとったり、
お店などは閉まるのが早かったり、

お仕事より家庭や休みを大切にする
国民性もあるかもしれないですね^^

一方、日本で9月病と呼ばれるのは、

春から溜まっていった過度のストレスや、
夏の高い気温で
体力が消耗することが原因で、
心身に不調がでることをいいます。

5月病は主に、
新入社員や新入生と言われますが、
それ以外の人でも、
配置転換や転勤など、
大きく環境が変化するタイミングで
発症することがあります。

また8月には、
子どもの学校だけでなく、
働くパパやママも夏休み
(お盆休み)がありますよね。

そこから、いつもの生活スタイルに戻すのに、
時間がかかってしまい、
こころや体のバランスを崩してしまう場合があります。

9月病のおもな原因は、

「ストレス」。

自分の努力だけでは、
改善できることではないかもしれませんが、
できる限りストレスを抱えないようにしたいですね!

9月は急に涼しくなる

もう一つが、気温などの急激な変化。

暑い日が続いた夏も終わりに近づくと、
日中は暑さがまだ残っていても、
朝夕は急に涼しくなります。

また、陽が落ちるのも早くなるとともに、
台風も頻繁にやってきます。

このような天候も、
やはり生活リズムを乱してしまう要因になりがちです。

このような事情を背景に、

主に睡眠を十分にとることができないなどの理由で、

溜まったストレスが解消されず、
9月病として、

頭痛やめまいなど、
様々な症状が出ることになるのです。

9月病は、「病」と呼ばれますが、

何か具体的な病名というよりも、

9月という時期に生じる、
様々な不調の総称です。

だからと言って、
不調をそのままにしておくと、
治るどころか、症状がより深刻になりかねません。

例えば、抑うつ症状が

深刻になってしまい、
うつ病の診断を受けてしまうと、
心身はもちろんのこと、
働くことが難しくなり、
収入にも影響が出てくるでしょうし、

治療に長い時間がかかってしまいます。

また、不眠症が重度になれば、
薬物での治療が必要になり、
身体への負担も出てくることになります。

症状が重くなる前に相談!

9月病の症状自体は
疲労にも似ていますし、

特に女性は、
更年期の症状と間違われることもあるようです。

ついつい忙しさにかまけて無理をして、

適切な治療や対応が取られない可能性もあります。

症状を自覚してから概ね1か月程度。

スポンサーリンク

治まらないようであれば、
医師に相談してみた方がよいかもしれません。

症状が重くなってからでは手遅れ。

近年では、より重い症状でも、

副作用がなく、患者のからだの負担が少ないとされる

「経頭蓋磁気刺激法」(TMS治療)

なども開発されています。

精神科や心療内科、産婦人科など、

面倒がらずに相談してみましょう。

9月病による不調は、

ストレスに対し、

休養や治療を求めるココロとカラダの
シグナルと考えた方がよさそうです。

9月病とは?症状はどんなものなの?

9月病の症状は?

9月病の症状は、
ほとんど5月病と同じです。

心の症状とカラダの症状があるので、

あらためて、おさらいしておきましょう。

9月病の心の症状

・無気力
・疲労感
・不安感
・焦り
・落ち込み
・イライラ

9月病のカラダの症状

・不眠
・過眠
・頭痛
・めまい
・肩こり
・食欲不振
・動悸

9月病の症状のうち、
もっとも注目されているのは、

「睡眠障害」

それまでは何ともなかったのに、
急にきちんと睡眠が取れなくなったという人は要注意です。

「なかなか寝付けない」
「朝早く目が覚める」
「夜中に何度も目を覚ます」
などの症状があらわれたら、
9月病のサインかも。

悪化してしまう前に、
念のため受診しておくと安心です。

9月病とは?9月病にならないためには。

9月病に負けない
ココロとカラダのために
良質な睡眠を!

9月病への対策としては、

生活習慣、
特に食事や睡眠のリズムを整えることが
とても大切です。

特に睡眠障害は、
9月病の原因の一つでもあり、
症状の一つでもあることから、
気をつけましょう。

良質な睡眠をとるためには

寝る前にぬるめのお湯につかって
体を休めること

就寝前にテレビやPCやスマホなどの、
ブルーライトの刺激を見ないようにすること

寝る2時間前くらいから
間接照明などを使って暗めにして、
ストレッチやハーブティーなど飲んで、
リラックスするのもオススメですよ^^

日中体を出来るだけたくさん動かす。

通勤や通学などで、一駅多めに歩くのも良いですし、
ウォーキングなどもオススメです。

エアコンはできるだけ使わない

エアコンの使い過ぎにも注意です。

温度差はもちろんのこと、
エアコンの風に当たることで、
身体や内臓が必要以上に冷え、
自律神経の乱れを起こしてしまいます。

牛乳や乳製品を少し意識して多めに取ろう!

食生活でいえば、

牛乳や乳製品を少し意識して
多めに取るのも、よいです。

というのも、それらには、
「トリプトファン」という物質が
多めに含まれているからです。

脳で分泌される「セロトニン」というホルモンは、

9月病の症状である、
落ち込んだ気持ちを打ち消してくれる効果がありますが、

その生成に必要なのが
「トリプトファン」なのです。

毎日の食生活や睡眠にほんの少し気を配ることで、ストレスや9月病に負けないココロとカラダを目指したいですね!

まとめ

9月病は、
長めの休みからの環境の変化や、
気候の変化などで

心身のバランスを崩してしまうのが
主な原因です。

ただ疲れてるだけだから、

と放っておくと、

そのまま、うつ状態になることも…

とくに、眠れないなどの症状が出始めたら、

一度病院を受診しましょう!

9月病の予防には、
軽い運動と睡眠が大切です。

9月病ならないように。
また、悪化しないように。

このサイトを参考にしていただければ、幸いです。

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。