シャワーで疲れは取れる?疲労回復に効果的な入浴法とは?

1日の終わりのお風呂タイム♪

1日の疲れを洗い流す至福の時間…

でも、

「いつもシャワーで済ませてしまう。」

「疲れてて、湯船につかれない!」

「そもそも、シャワーだけで疲れは取れるの?」

そう思っているあなたに、

疲労回復に効果的な

お風呂の入り方など教えちゃいます♪

スポンサーリンク
  

お風呂で疲労回復、シャワーだけでも疲れは取れる?

結論からいいますと、

シャワーだけでは疲れは取れません!

ですが、
シャワーにプラスすることで、
疲労回復に役立つものがあります。

それは…

足湯!!

体や髪を洗うときは椅子に座り、
お湯を溜めた風呂桶や洗面器に足を浸けておくようにすると、

シャワーを浴びるだけよりも
体が温まり、ずっと疲れが取れやすくなります!!

温度は43℃くらいにしましょう。

さらに炭酸系の入浴剤を入れると、
より体が温まり、
血液の流れも良くなります^^

忙しくてどうしても…という時はぜひ取り入れたいですね!

ただ、

しっかり疲れを取りたいのであれば、

やはり湯船に浸かるのが一番です!

お風呂で疲労回復。入浴で得られる3つの効果とは?

入浴には、

★温熱効果
★水圧効果
★浮力

と、
シャワーにはない効果があります。

温熱効果

温熱効果は

血流を促し、身体中に溜め込んでいる老廃物を
体外に排出してくれます。

その他、肩こりや腰痛など、
慢性的な身体の痛みやコリなどをほぐしてくれたり、

筋肉の緊張をといて柔軟性を高めてくれたりしてくれます。

水圧効果

水圧効果は、お湯に全身を浸けると、
全身に水圧がかかるので、

血液の循環がよくなり、むくみの改善になります。

浮力

浮力があることで体が軽く感じ、
無駄な筋肉を使わず、

精神的にリラックスすることができます

「でも、あまりゆっくり入る時間がなくて…(ToT)」

そんなあなたでも大丈夫です!

40℃くらいのお湯に10分浸かるだけでも、
疲労回復には効果的です!

もちろん、ゆっくり浸かれるのであれば、
それに越したことはないのですが…

40℃くらいまでのお湯だと
副交感神経が刺激され、
リラックス状態になるので、
入眠効果も期待できますよ!!

お風呂で疲労回復。疲労回復できる入浴法とは?

疲労を強く感じた時にお勧めしたい入浴法が

温冷交互法。

温冷交互法は、

スポンサーリンク

特に疲労を感じている部分に、

シャワーを使ってお湯と水を交互にかける方法です。

血管は温めると拡張し、冷やすと収縮します。

なので温冷交互法を行う事で、
ポンプのような作用が起こり、

効率的に血行を促す事が出来ます!

温冷交互法のやり方

オススメの温冷交互法のやり方を
ご説明しますね^^

1.最初に湯船にしっかり浸かって身体を温めます。

2.湯船から出て、疲労が溜まっている部位に、冷水のシャワーを15秒程かけます。

冷水シャワーの温度の目安は15~20℃です。

3.同じ部位に40~45度の温水シャワーを40秒程かけます。

この時はシャワーではなくて、湯船に浸かってもOKです。

4.最後は温水で終わります。

疲労の強い部位がたくさんある場合、
一緒におこなっても大丈夫です^^

注意!

温冷交代浴は、温度差で血圧に変動がおこりますので、

高血圧や心臓・循環器疾患の持病をお持ちの方は控えるようにしてください!

疲労回復をより高める入浴グッズ

温冷交互法を行うだけでも、疲労は回復できますが、

更に疲労を高めるグッズがあります。

それは

入浴剤。

今は様々な入浴剤が販売されていて、
香りが良い入浴剤を使って入浴することで
リラックス効果が期待できます。

疲労回復に凄く効果のある入浴剤は、炭酸ガス系の入浴剤。

炭酸系の入浴剤を使うと、
温浴効果が高まり、浸かるだけで血行が良くなりますよ^^

疲れを取るためには、
リラックスすることが大事なので、

自分が好きなことや、気持ちいいことをするのが一番です!

入浴中のマッサージやストレッチも
血流をよくするのでいいですよ(*^^*)

シャワーで疲れは取れる?疲労回復出来る入浴法のまとめ

それでは、今回のまとめますと、

●シャワーだけでは疲れは取れませんが、足湯もプラスすると効果あり!

●風呂桶や洗面器に43℃くらいのお湯を溜めて、
足湯をしながら髪や体を洗うとGOOD!

●入浴には、1.温熱効果2.水圧効果3.浮力の3つの効果がある。

1 温熱効果は血流を促し、身体中に溜め込んでいる老廃物を体外に排出する効果がある。

その他、慢性的な身体の痛みやコリをほぐしたり、筋肉の緊張をほぐす効果も。

2 水圧効果は、血液の循環がよくなり、むくみの改善に。

3 浮力は、無駄な筋肉を使わず、精神的にリラックスすることができる。

●疲労を強く感じた時の入浴法は、シャワーを使って、
お湯と水を交互にかける温冷交互法。

●温冷交互法

1.最初に湯船にしっかり浸かって身体を温める。

2.湯船から出て、疲労が溜まっている部位に、冷水のシャワーを15秒程かける。

3.同じ部位に40~45度の温水シャワーを40秒程かける。

4.最後は温水で終わる。

疲れをリセットして、
翌日もまた頑張るためにも、
ぜひ毎日のお風呂タイムの参考にしてみてくださいね

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。