バレンタインの意味や由来とは?また子供に分かりやすく説明するには?

1年で1番チョコレートが売れる日といえば、
2月14日の「バレンタインデー」

気になる人や恋人、
大切な家族や友達にチョコレートを
プレゼントする人も多いと思います。

今年はどんなチョコレートを贈ろうかなと、
随分前からそわそわ考え始めているかもしれませんね(*^^*)

そんな日本人も大好きな「バレンタインデー」ですが、

本来の意味や由来のこと、皆さんは知っていますか?

今回は、バレンタインの意味と由来を紹介します!
また、子供にも分かりやすく説明するにはどうすればいいのか、
例文も交えてご紹介しますね‼

スポンサーリンク
  

バレンタインの本来の由来とは?

「バレンタインデー」の歴史は、
ローマ帝国の時代までさかのぼります。

当時ローマでは、
2月14日はすべての神々の女王ユーノーの祝日で、
翌日の2月15日は
ルペカリアの祭りが行われる日でした。

このお祭りでは、
男性が桶の中から女性の名前が書かれている紙を引き、
相手の女性と祭りの間パートナーとして一緒に過ごすことになっていたそう。

そして、パートナーとなった多くの男女は、
そのお祭りで恋に落ち、結婚したと言われています。

当時のローマ帝国は、 東西に大きく広がる大国。
領土を大きく広げることが、優れた皇帝の条件でした。

領土を広げなければ、議会にも認められず、
皇帝の権限にも悪影響が出たのです。

領土を広げるためには戦争が不可欠。

西暦3世紀頃のローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、
若者が戦争へ争いに行きたがらない理由は、
愛する家族や恋人を故郷に残すことを躊躇する気持ちにあると確信し、

結婚を禁止してしまいました。

しかしキリスト教では結婚とは、
神が定めた運命のパートナーと出会い、
生涯添い遂げるカップルになると神に誓う神聖な行為。

そこで、キリスト教司祭の聖ウァレンティヌスは、
結婚を望む兵士と女性を
密かに結婚させていました。

そのことがやがて皇帝の耳にも入り、怒った皇帝は、
法を無視したウァレンティヌスに罪を認めさせ、
二度とそのようなことがないように命令しました。
しかし、ウァレンティヌスはそれに従わなかったため、
処刑されてしまいました。

ウァレンティヌスの処刑日は、
ユーノーの祝日であり、
ルペカリアの祭りの前日である2月14日があえて選ばれました。

以降、毎年2月14日はウァレンティヌスが
処刑された日として
国民でお祈りをするようになったそうです。

「バレンタインデー」の「バレンタイン」とは、
若者たちの愛を取り込もうとした
キリスト教司祭の名前、
「ウァレンティヌス」のことだったのですね。

今では「ウァレンティヌス」は
「聖バレンタイン」という聖人として
広く知られています。

バレンタインデーの意味とは?

バレンタインデーはもともと、
聖ウァレンティヌスが処刑された日ですが、
聖ウァレンティヌスをバレンタインと発音することがあることから、
バレンタインデーと呼ばれるようになりました。

つまり、命がけでカップルを結婚させた聖ウァレンティヌスを感謝して、
パートナーに感謝や愛を伝えるのが本来のバレンタインなのです。

実際、アメリカやヨーロッパでは、女性からだけでなく
男性からもプレゼントを贈ります。

また、19世紀頃のイギリスでバレンタインデーの贈り物を
チョコレートにするケースが増えましたが、
現在でもチョコレートに限らず花束やワイン、
ケーキジュエリーなどにメッセージカードを添えます。

愛の告白というよりは、愛を確かめ合ったり、
感謝や改めて愛情を伝える日という側面が強いのです。

同じバレンタインデーでも、ヨーロッパと日本では
かなりの違いがありますね(^-^;

日本でのバレンタインデーは、女性が好きな男性に
チョコレートを渡して愛の告白をする日です。

なぜチョコレートに限定しているかというと、
これは日本のお菓子会社のキャンペーンがきっかけです。

スポンサーリンク

日本でバレンタインデーが普及し始めた1950年頃に
お菓子会社がチョコレートの販促のために、
ヨーロッパの習慣のバレンタインデーを紹介しました。

そこから、一気に
2月14日のバレンタインには、
好きな人にチョコレートを贈ろう!!

となりました。

バレンタインを子供に簡単に伝えるには?

まだ幼い子供にバレンタインのあらましを
伝えるのは難しいですよね。

バレンタインデーとは、
国に逆らってでも恋人たちの愛に味方した、
聖ウァレンティヌス処刑された日でもあり、
当時のローマ帝国では、
カップルのお祭りの日でもありました。

そのため、
本来のバレンタインデーとは、カップルがお互いに愛や感謝を伝える日。

子供に伝える時は、
聖ウァレンティヌスのことと、
チョコレートを渡す理由を
短く説明しましょう!

例)

「ずっと昔、国が結婚を禁止していた時代があってね、

愛し合って結婚したいのに、
結婚できなくて困ったカップルがたくさんいたの。

そんなカップルのために、国に逆らって結婚させてあげたのが、
ウァレンティヌスっていうキリスト教の偉い人。

2月14日は、ウァレンティヌスに感謝して、
好きな人に気持ちを込めてチョコレートを贈るんだよ。

ウァレンティヌスを別の言い方でバレンタインっていうから、
2月14日はバレンタインデーっていうんだよ。」

または、

例)

「ずっと昔、結婚を禁止していた時代があってね、
大好きで、ずっと一緒にいたいって思ってる、たくさんの人たちが困ってたの。

そんな人たちのために、
国に逆らって結婚させてあげたのが、
ウァレンティヌスっていうキリスト教の偉い人。

だから2月14日は、
ウァレンティヌスさんにありがとうってお祈りして、
大好きな人に気持ちを込めてチョコレートを渡すんだよ。

ウァレンティヌスさんを別の言い方で
バレンタインっていうから、
2月14日はバレンタインデーっていうんだよ。」

と…

いかがでしょうか(^-^;

お子さんに合わせて言葉を変えて
伝えてあげて下さいね(*^^*)

また処刑や、
お菓子会社(チョコレート)のキャンペーンというところは、年齢なども考えて
説明した方がいいでしょう。

チョコレート美味しく食べる日なので、
出来るだけ素直に楽しめるようにしてあげましょうね!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

何となく、誰かが処刑された日と、

世の中の幸せな空気とは反するような
事があったと記憶にありましたが、

命がけで愛することは素晴らしいと伝えてくれた、
ウァレンティヌスさんを改めて、
凄い人だと思います。

愛の人、 ウァレンティヌスさんですね!!

毎年2月14日は、

ウァレンティヌスさんに祈りを捧げ、

チョコレートを食べながら

愛する人と過ごす日にしましょう!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。