バレンタインデー世界ではどう過ごしてるの?日本とのちがいは?

バレンタインデーといえば、
チョコレートを思い浮かべる人が
ほとんどだと思いますが、

他の国ではどのように過ごしているか気になりませんか?

今回は、様々な国のバレンタインを調査してみました!

スポンサーリンク
  

アメリカのバレンタインはどんな日?

日本では好きな男性に女性から
チョコを渡す日になっていますが
アメリカのバレンタインではどうなのでしょうか?

アメリカでは、男性、女性、年齢関係なく、
大切な人にプレゼントを渡します。

アメリカのバレンタインデーは、

好意を持っている人や

親しい関係同士でのイベント(*^^*)

アメリカでも女性からプレゼントを渡すこともありますが、

男性から女性にプレゼントを渡す方が、
圧倒的です。

★バレンタインデーに贈るものは?

日本だとチョコレートが定番ですが、

アメリカでは

お花やカード、甘いお菓子(= candy)が、
一般的です!

甘いお菓子(candy)は、
チョコレートが詰め合わせになったような、
「Candy」だけをあげることもありますが、

花瓶に花の代わりにCandyを入れ
「花を生けた」
ように見せかけたプレゼントもあります。

可愛いいですよね(ノ≧▽≦)ノ

またスーパーでは、
イチゴにチョコレートをコーティングしたデザートも!!

美味しそう(*≧з≦)

アメリカでは、カードは立派なギフトですし、

他にも、ぬいぐるみや風船、宝石なども。

★バレンタインの過ごし方は?

アメリカのバレンタインと言えば、

恋人間や夫婦間では、

年に一度の「ロマンティックな日」!!

ディナーを食べに行ったり、家でゆっくり過ごしたり。

レストランには「Valentine’s Day」用の

特別なメニューも!!

日本で言うと、クリスマス的な感じかもしれませんね。

 

ポイント

ディナーなどでお花を渡すときに「Happy Valentine’s Day !(ハッピー・バレンタイン)」と言います。

この「Happy Valentine’s Day !」の挨拶は恋人やパートナー以外の人には言いません。

海外のバレンタインデーはどんな日?

それでは他の国はどうなのでしょうか?

◆カナダ

男性が女性(恋人や奥さん)に
花とギフトを贈る日。
女性は男性からのご奉仕を存分に楽しみます(*^^*)

◆オーストラリア

恋人や夫婦でデートをし、
ディナーを楽しむカップルがたくさんです!

□ ヨーロッパ

◆イタリア

男性が女性を誘い、ディナーをしながら
お花とプレゼントを渡します★

◆ドイツ

男性が女性にバラなどお花を送って
感謝を伝える日。

◆フランス

時間があるときは、日中はロマンチックなデート。
夜は男性が女性を
素敵なレストランにエスコートする。
(子どもがいる場合は、自宅でコース料理を作ることも)

ヨーロッパ などでは、

男性も女性も、
花 やケーキ 、カード など様々な贈り物を、
恋人や親しい人に贈る日…

大切な相手と愛情を確かめ合う日と受けとめられているようです(*^^*)

□ イスラム圏

宗教的にはバレンタインは禁止になっています。

しかし、多くの人たちが

愛する人とバレンタインデーを過ごしています。

「愛のプレゼント」は男女どちらからでもOK。

赤いバラなどを贈る人が多いです。

◆インド

バレンタインはイギリスから入ってきた習慣なので、

スポンサーリンク

インドでは北米やヨーロッパ同様、
男性が女性に贈り物をする日。

チョコやお花は定番ですが、
相手が好きなものを贈る。

現在は女性からもプレゼントを贈ることが多いです。

バレンタインデーは、
「男子が、女子に」、
チョコや花を贈ったり、プレゼントをしたり、素敵なディナーに誘ったりする

▽中国

中国都市でバレンタインは
「情人節」と言う1つの行事として
祝います。

中国語の「情人」は日本語でいう、

「恋人」の意味。

中国のバレンタインは北京・上海・香港など
都市部に広がりつつありますが、
西洋の正統的な習慣を受け継ぎ、

男性から女性へ贈り物をする日になっています。

チョコレートだけでなく、
バラや食事、プレゼントなどの
組み合わせが定着しています。

◆韓国

韓国では日本と同じく、

女の子が意中の彼に、
想いを甘いチョコレートに託して、
勇気を振り絞って告白する重要な日。

バスケットの中に、
たくさんのチョコレートやぬいぐるみなどが入っています。
だいたい値段は3万ウォンぐらいで、

これは本命の男の子に買うのが定番

しかし日本のように、
材料を揃えてチョコレートをいちから手作りするという人は
ほとんどいません。

◆台湾

台湾にはバレンタインがなんと2回も! 

もう1つのバレンタインは7月7日。

いずれも高級レストランで食事をして、
ギフトを交換します。

◆ナイジェリア

男性から女性にギフトをあげる方が多いですが、
基本的には男女がギフトを贈り合う日。

アクセサリーや服などを買った上で、チョコも渡すことが多いです。

海外と日本のバレンタインの違いは?

こうして各国のバレンタインを見てみますと、

北米やヨーロッパでは、男性が女性に尽くす日。

アジア圏では男女がプレゼントを交換し合う日……

という特徴があるようです(*^O^*)

いずれも

「チョコやお花は定番!」

という意見が目立ちました。

全体的に見ると、韓国以外はアジアでも中東でも欧米スタイルが主流のようです。

対して、日本では、

女性から男性に

「好きな人に思いを伝えるドキドキの日☆」

義理チョコや友チョコ、最近では

自分にご褒美チョコレートまで…

主に手作りチョコレートや
高級チョコレートがメインで、

女性から男性にプレゼントすることがほとんど。

国をあげて、こんなにチョコレートづくしな日は
とても不思議ですが、
こんな日本で育っていると、
告白でドキドキ☆がないと
少し寂しく感じたり(^-^;

欧米の様に恋人や夫婦でイチャラブvv

というよりは、

チョコレートが主役!な感じがするのは、

私だけでしょうか…

また、ホワイトデーがあるのも、

日本ならではかもしれませんね(^-^;

まとめ

日本のバレンタインと世界のバレンタインを比べてみましたが、
いかがでしょうか?

他の国のバレンタインに憧れつつも、

日本ならではのバレンタインにも愛着がありますね(*^^*)

でも、今年は少し趣向を変えて、

男女関係なく大切な人に、

チョコレートと手紙を渡してみるのも
いいかもしれませんね(*^^*)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

それでは、素敵なバレンタインを!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。