五節句とはどんな行事?意味や由来とは?分かりやすく解説します!

みなさま、五節句という言葉はご存知ですか?

節句と聞くと、

5月5日の端午の節句や、
3月3日の桃の節句を思い浮かべると思いますが、

実はそれだけではないんです!

今回はそんな五節句について、お話しますね(*^O^*)

スポンサーリンク
  

五節句はいつ?どれだけあるの? 

節句とは、日本の四季や季節の節目、
伝統行事を踏まえて祝う式日のこと。

1月7日の人日(じんじつ)の節句、

3月3日の上巳(じょうし)の節句
                 (桃の節句)、

5月5日の端午(たんご)の節句、

7月7日の七夕(たなばた)の節句、

9月9日の重陽(ちょうよう)の節句と、

全部で5つ存在します。

五節句の節句の歴史とは?

五節句は中国の春秋戦国時代ごろに発生した思想の、
陰陽五行説に由来しています。

陰陽五行説とは、仏教や儒教と同じく、

5世紀から6世紀頃に日本に伝わり、
中国の三大宗教の一つである
道教の道術を取り入れて発展をしたもの。

中国では奇数は縁起のいい日、

特に1月は新年の始まりであることから

別格と考えられていて、

逆に偶数は縁起が悪い日と考えられていました。

そのため、3月3日、7月7日など

奇数が連なる日は、
足すと偶数になることから、
災いが起こることを避けるために
神々に供物と呼ばれる食物をお供えし、

人々も同じ食物を食べて邪気払いを行っていました。

後々、そういった供物を神にまつる日そのものを
節句と呼ぶようになり、

奈良時代には、

食物の生産の無事を祝う年中行事として定められました。

その後江戸時代に入り、

現代の風習へと進化を遂げていきます。

五節句のそれぞれの式日の由来とは?

それでは、
それぞれの式日の由来について解説致します。

1月7日 人日(じんじつ)の節句

新しい年の初めに、

春の訪れを感じさせる春の七草
(セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ)
の入った七草粥を食べ、

一年の健康・無病息災を祈ります。

旬の食材を食べることで長寿になると考えられており、

かつては七草を摘みに行った後、

神を祀った棚の前で七草ばやしを歌いながらすりこぎで叩けば、

七草の力がさらに引き出せると信じられていました。

3月3日 上巳(じょうし)の節句、(桃の節句)

上巳の節句では、

紙や草などで作った人形を川に流し、
厄を祓う風習がありました。

スポンサーリンク

一方で貴族間で流行していた

「ひいな遊び」という

人形遊びの人形と、厄払いをしていた人形が合わさった
「流し雛」を厄払いとして川に流すように。

これが雛人形のルーツと言われています。

江戸時代に入り、3月3日を上巳の節句と定め、

女の子の健やかなる成長を祈るとともに、
降りかかる厄を雛人形が受け止めるという意味を持って、
雛人形が飾られるようになりました。

5月5日 端午(たんご)の節句

田植えの時期である5月ごろになると、
邪気払いの力があると言われていた、
菖蒲(しょうぶ)とよもぎを軒に刺して、

穢れを祓う「五月忌み」
という行事を行い豊作を祈願するという風習がありました。
この風習が中国から伝来した、端午と結びつき、
「端午の節句」と呼ばれるようになりました。

現代のように、

男の子の成長を願う行事となったのは
江戸時代の頃から。

この菖蒲が、武道を重んじる「尚武(しょうぶ)」と
読み名が同じことから、

生まれた男の子が立派に成長し、
一族が繁栄することを願う行事
として
武家の間で広まり、
やがて庶民にも定着していくようになりました。

ちなみに端午の節句そのものが

5日5日として定着したのは奈良時代以降のこと。

端午の端は「はじめ」、
「端午」は5月最初の午(うま)の日を指します。

端午の午が数字の五と同じことから、
5月5日に祝うようになったと言われています。

7月7日 七夕(たなばた)の節句

短冊に願い事を書き、
笹の葉に吊るして願い事する、
中国から伝わった習慣が
今でも強く根付いている七夕の節句。

諸説ありますが、

女性が針仕事などの上達を祈る、
乞巧奠(きこうでん)という行事と、
秋の豊作を祈る棚機という行事、
織姫と彦星伝説が合わさって生まれたものと言われています。

奈良時代に7月7日と定められ、
一般庶民にも広く流通していきました。

9月9日 重陽(ちょうよう)の節句

現代では、五節句の中で
一番馴染みのないものかもしれません(^-^;

重陽の節句は、

別名、菊の節句とも呼ばれています。

菊は長寿の力があると信じられ、

中国では古来から薬草として用いられ、日本でも菊を用いて厄祓いや
長寿祈願をする風習が広まり、

江戸時代に五節句のひとつとなって
親しまれるようになったのです。

菊や秋の食材を食卓に並べて不老長寿を祝います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

知っている行事も、今回初めて知った行事もあるとおもいますが、

昔は季節と共に色々なものを感じ、
行事として取り入れていたんですね!

とても奥が深いです(*^^*)

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。