日本の暦の六曜とは?読み方や意味、由来などを分かりやすく解説します!

「六曜」という言葉をご存知でしょうか?

カレンダーなどで、横や下の方に書いている

大安や仏滅などと書いているアレです。

では、六曜のなりたちや、
六曜の意味とはどんなものなのでしょうか?

六曜の謎をみていきましょう!

スポンサーリンク
  

日本の暦 六曜とは?

六曜は、

大安・仏滅・先勝・友引・先負・赤口の6つがあり、
それぞれ意味が異なります。

また六曜は、「歴注」と呼ばれるもので、

歴注とは、主に陰陽五行説や干支に基づいて、

その日の時刻や方位の吉凶や運勢など
が書かれた物全般を指します。

暦注の一つである六曜は、

現代においても
主に冠婚葬祭の日取りを決める時に
用いられることが多いものです。

とは言え、最近の特に若い世代においては、
六曜はそれほど重要視されていないため、
六曜自体を知る人は
世代が若くなるにつれて少なくなっているのが現状です。

 
 

六曜は一度封印された?

明治時代には政府が六曜は迷信だとして、

これを一切禁止した過去があります。

しかしその後、六曜は必要という世論を受け、

結局は完全に廃止されることはなく、

現在に至っています。

いや~深いですね(^-^;
 

日本の暦六曜の読み方とそれぞれの意味とは?

「大安」の意味や読み方

大安は、「たいあん」と読み、
大いに安し、という意味があります。

何をしてもうまくいく、成功するとされる日で、
六曜の中で最も吉の日となっています。

特に結婚や結納などを行うには最適とされているので、

大安にこだわって挙式の日を選ばれる方は多いです。

新しい物事を始めるにもよい日と言われいて、

引越しや地鎮祭、お参りなどを行う際には、

大安を選ぶという方もいらっしゃいます。

ちなみに内閣の組閣も
大安の日を選んで行われていると言われています。

「仏滅」の意味や読み方

仏滅は「ぶつめつ」と読み、

仏も滅するような大凶日。という意味があります。

何をしても最悪とされるため、

特に結婚式や結納などは、避ける方が多いと言われています。

ですが、この流れを逆手にとって、

仏滅の日に結婚式費用を大幅に下げている結婚式場も多数あります。

商売魂が素晴らしいですね(^-^;

特に六曜を気にしない最近の若者を中心に
選ばれているようです。

また、仏滅は物滅として、

それまでの物(事)が滅び、新しく始まる。
という解釈をし、

大安よりも結婚や引越しを行うには
最適の日だと考える場合もあるようです。

解釈の違いによって全く逆の意味になるため、
捉え方は人それぞれ。という事でしょうか…

スポンサーリンク

「先勝」の意味や読み方

先勝は
「せんしょう」「せんかち」「さきかち」
などと読み、

先んずれば即ち勝つ、という意味があります。

これは急げば急ぐほど良いという意味ですが、
先勝であれば時間を問わず吉というわけではなく、

午前中は吉とされているものの、
午後2時から6時までは凶
ということなので要注意です!

中でも、縁起がよい日ということで

大安や先勝に購入した車の納車を行う方が多いようです。

「友引」の意味や読み方

友引は「ともびき」と読み、
凶事に友を引く、という意味があります。

しかし元々は、勝負事をしても引き分けになる日
という意味から共引とされていたため、現代の意味とは違う使われ方をしていました。

友引は、大安に続いて吉日と言われていますが、

朝は吉、昼は凶、夕方は大吉
となっているので、
結婚式などは昼に行わないところもあるようです。

さらに車の納車に関しては、

「友を轢く(引く)」という語呂合わせから、

吉日にも関わらず避ける方も多いようです。

また、友引に葬式を行うと

「友を冥土に引き寄せる」とされ、

昔から火葬場は
友引には休業するのが決まりでしたが、

最近は六曜を気にしない方が増えているため、
仏滅に結婚式を行うのと同様に、
友引でも火葬をする方も増えています。

「先負」の意味や読み方

先負は「せんぶ」「せんぷ」「さきまけ」などと読み、
先んずれば即ち負ける、という意味があります。

先勝とは真逆の意味になり、
この日は急いで何かを決めたり、
外出することを避け、
平静に過ごすのがよいとされています。

また、午前中は凶ですが
午後からは吉となっているので、
何か用事を行う時は午後からの方がよいと言われています。

「赤口」の意味や読み方

赤口は
「しゃっこう」「しゃっく」「せきぐち」
などと読まれ、
陰陽道の赤舌日が由来となっています。

赤舌日とは、羅殺神が支配する日で、不吉な日となっています。

赤口は厄日とされ、
何をするにも止めた方がよいと言われていますが、
午前11時から午後1時まではかろうじて吉とされています。

何かするのであれば
その時間帯を選ぶのがよいかも知れません。

それ以外の時間帯は凶となっており、

特に赤という字から連想させることから、
火や刃物に要注意する日と言われています。

まとめ

いかがでしたか?

大安や仏滅など、
言葉としてはよく耳に触れていたものの、
実際の意味まではよく知らなかったという方も
多いと思います。

最近は、六曜を基準に大事な予定の日取りを決めたり、

行動を考えるという方は少なくなっているみたいですが、

それでもやはり結婚式やお葬式などを行う時は、
知らず知らずのうちに六曜を気にしてしまうもの。

でも正しい意味を知ってると役に立つ事が多いので、

これを機に覚えてみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする