ひなまつりの由来や起源とは?なぜ人形を飾るの?分かりやすく解説します!

もうすぐ、ひな祭りですね!

実は、ひな祭りは歴史が深く、
日本の伝統的な行事のひとつなのですです。

ですので、時代や地域によって、
違いなどはありますが、

今回は一般的に伝わっているひな祭りの由来や意味を紹介します(*^^*)

スポンサーリンク
  

ひな祭りの由来や起源とは?

では、軽くおさらいをしましょう!

ひな祭りは、またの名を桃の節句とも言い、
3月3日に行われる女の子の行事です。

実はひな祭りは、
上巳(じょうし)の節句とも言われ、
日本の五節句のひとつです

そのルーツは中国から伝わった
上巳(じょうし)の節句という風習でもあります!

◆中国がルーツだった?

中国で3月3日は、上巳という特別な日とされており、

人形に息を吹きかけることで自分の穢れを移し、
水に流す風習がありました。

その風習が平安時代に日本に伝わり、
ひな祭りとして徐々に定着していきました。

◆時代によって変わりゆくひなまつり

平安時代、日本で桃の節句が始まったころは、
草や藁で作った人形に自分の穢れを乗せて、
身代わりとして川に流す、
「流し雛(ながしびな)」が主流でした。

流し雛は子どもの無病息災を願い、
災いや厄を払いのける意味もあったといわれます。

現在でもひな祭りに
子どもの健やかな成長を願い、
毎年流し雛を行っている地域もあります。

また同じく平安時代、
貴族階級の女の子の間などでは、

人形を使った遊び、
今で言うところの「おままごと」が
流行っており、
これを「ひいな遊び(雛遊び)」と言います。

「ひいな」とは「小さな・愛らしい」

という意味があり、
ひな祭りの語源という説もあります。

室町時代になると、人形を川に流すのではなく飾って祝うようになり、

現在のひな祭りの文化に近づいていきました。

雛人形には厄除けの意味がある

元々桃の節句では、
災いや厄を水に流し、身を清めるために人の形をした紙や人形が使われていました。
時代とともに、水に流す「流し雛」から飾って楽しむ「雛遊び」に移行しましたが、

雛人形が災いの身代わりになってくれるという
厄よけの意味があることに変わりはありません。

ちなみに、雛人形は持ち主を守ってくれるということから、
江戸時代の上流階級では嫁入り道具のひとつとして用意されたそうです。

スポンサーリンク

なぜ、ひな祭りに雛人形や桃の花を飾るの? 

ひな祭りに雛人形を飾るのは、
昔の人形(ひとがた)や流し雛の風習の通り、

お雛様に女の子の穢れを移して
厄災を身代わりに引き受けてもらうためです。

また、厄払いの意味があるので
一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)は避けるべきとされ、
遅くとも2月の中旬くらいまでには飾らないといけないと言われているのです。

また、桃の花には、元々「魔除け」や
「長寿」のパワーがあるとされていました。

中国では上巳の節句には、

桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、
桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行っており、

また旧暦の3月3日は
ちょうど桃の花が咲くころだったことから、

ひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうです。

ひな祭りを別に「桃の節句」と呼ぶのも、こうした背景があるからです。

七段飾りの雛人形の意味や由来は?

雛人形には、伝統的な七段飾りや、つるし雛など、
さまざまな形があります。

それでは一番有名な七段飾りの意味や由来について説明します。

◆「七」は縁起の良い数

雛人形を飾って楽しむようになった江戸時代以降は、

七段の雛飾りが最も美しく、
華々しい雛壇とされていました。

古くから七は縁起の良い数字とされていたため、
験(げん)をかついで雛人形を
七段で飾るようになったといわれています。

雛壇は、最上段を一段目として、
最下段を七段目としています。

各段の飾りの内容は次の通りです。

・一段目…親王様(男雛・女雛)

・二段目…三人官女(さんにんかんじょ)

・三段目…五人囃子(ごにんばやし)

・四段目…随臣(ずいじん)

・五段目…仕丁(しちょう)

・六段目…嫁入道具揃(よめいりどうぐぞろい)

・七段目…御輿入れ道具(おこしいれどうぐ)

現代では、
お内裏様とおひな様2体を飾る
「親王飾り」や、

親王様と三人官女などの「三段飾り」が主流です。

段数が違っても、
七段飾りの雛人形に込められた意味は
変わりありません!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

子供の頃は、あまり意味も知らず、
飾られたお雛様をみて、ご馳走を食べていましたが、

由来や意味を知ると、また新たな発見があり、
とても新鮮です!

これは是非、子供にも伝えていきたい、
大切な日本の行事だと思います‼

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます‼

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする