ホワイトデー起源や由来は?また、海外でもホワイトデーはある?

今年もホワイトデーが近づいてきましたね!

お返しに何を贈ろうか悩んでいる男性陣も、

お返しは何かしら?と期待している女性も

そこで今回はホワイトデーの起源や由来、
海外のホワイトデー事情などについてお伝えしていきます!

スポンサーリンク
  

ホワイトデーの起源や由来は

3月14日のホワイトデーは、

バレンタインデーにチョコレートやプレゼントをもらった男性が、

お返しに女性に贈り物をする日。

バレンタインデーのアンサーデーをホワイトデーと定められる以前は、

欧米の習慣にならって、
ポピーデー、
フラワーデー、
クッキーデー、
マシュマロデーなどの名称があったことも。

いろいろある中から、最終的に選択されたのが
ホワイトデー。

『ホワイトは幸福を呼ぶ、縁起が良い、純潔のシンボル』

という考え方をもとに命名されたといいます。

1980年3月14日からスタートしたホワイトデー。

ホワイトデーの由来は、
バレンタインデーの後日談にあるとの説が有力です。

かつて、兵士達の結婚禁止令が
ローマ皇帝から出ている状況下で、
内緒で結婚を試みた男女を救おうとして聖バレンタイン司祭が処刑された日が
2月14日。

後にバレンタインデーに制定された日には、かつてこのような悲しい物語が……。

それから1カ月後の3月14日、
聖バレンタイン司祭が、間を取り持った恋人同士が、
改めて愛を誓い合ったというエピソードをベースに誕生したのがホワイトデーです。

実は日本発祥?!

ホワイトデーは、意外ですが日本が始めた習慣です。

1978年に「キャンディをプレゼントする日」として全国飴菓子工業共同組合
が提案しました。

日本でもバレンタインデーが浸透しつつあった当時、
お菓子業界がバレンタインデーのお返しのための
新たな記念日を提案し、
ホワイトデーが誕生しました。

ちなみにホワイトデーの「ホワイト」という言葉は、
日本飴菓子協同組合が打ち出した
「ホワイトデーにはキャンディを贈ろう!」
というキャッチコピーに使われている「飴」の原料である砂糖の色の白色からきています。

『いただきものにはお返しをする』

という習慣のある日本では
この提案が受け入れやすかったようで、

ホワイトデーは日本にじわじわと浸透。

ビスケット、マシュマロ、キャンディーなどを
お返しの贈り物として販売するようになりました。

なんとも日本人らしいですね(^-^;

ホワイトデーは海外にもある?

東南アジア諸国の中でもタイやマレーシアでは取り入れられていますし、

スポンサーリンク

アジアでは香港、台湾、韓国、上海などでも大がかりになってきています。

とくに韓国では日本と同じように、
3月に入るとお店にはきれいにラッピングされた
ホワイトデー用のキャンディが並びます。

恋人と過ごす韓国のホワイトデーは
キャンディ+花束やアクセサリーを
プレゼントすることが多いです。

何ともロマンチックですね(*^^*)

欧米やヨーロッパではホワイトデー

ところが
欧米やヨーロッパではホワイトデーという呼び名はありません。

そもそも日本とは違い、
お返しという考え方がないのです。

また、バレンタインデーは基本的にキリスト教の、
特にカトリックの司祭の善行を讃える精神から始まったもので、

「愛」は「神の人間に対する愛」であり

「慈愛」「博愛」。

神の愛はUnconditional、

つまり「無条件の愛」であって、
「見返りを求めない」愛ですから、

「チョコレートをもらったからお返しに」
という考え方を偽りの愛だとみなします。

このように贈り物を贈って
そのお返しを期待するという考え方は
バレンタインデーの精神とは相容れないため、
ホワイトデーにお返しをするという風習はアメリカやカナダでは浸透しませんでした。

またバレンタインデーには、
女性からだけではなく男性も花束や、
愛の言葉を書いたメッセージカードを贈りますから、
ホワイトデーを必要としないのです。

イタリアにはお返しではないですが、
似たような日がありました。

3月8日にミモザの日という男性から女性に「いつもありがとう」と感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈る日があります。

その日は年齢問わずミモザの花が贈られるそうです。

ミモザの花言葉は、「真実の愛」「秘密の恋」など。

鮮やかな黄色の丸く小さな花が、ぶどうの房のように咲いていてどこか親しみのわく、可愛い花です。

ただし、バレンタインデーは女性から、
ホワイトデーは男性からという定義は日本だけの風習です。

  

ホワイトデー 近年の事情とは?

最近では、デパートや百貨店などでは、お菓子類以外に、時計やジュエリーなどのアクセサリー、
花や衣類などが、ホワイトデー用のプレゼントとして販売されています。

『プレゼントの高額化!何でもあり!』の傾向が強まっているのです。

お菓子類ではチョコレート、クッキー、キャンディー、マカロンやケーキなどが
人気商品といいます。

まとめ

いかがでしたか?

ホワイトデーが日本発祥とは驚きですよね。

お菓子の宣伝販売を目的に誕生した日本独自のイベントが、
今では近隣のアジアの国まで浸透しているなんて!

素敵なホワイトデーを過ごすためにも、バレンタインデーのお返しには感謝の気持ちを込めてプレゼントしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。