二十四節気の春分とは?いつ?季節の花や旬の食べ物とは?

二十四節気の春分とは?いつ?

二十四節気の中の春分は春のお彼岸の中日です。

一年間を24に分割した

二十四節気の四番目が春分です。

春分と秋分は国民の休日となっているため、よく知っていますよね。

昼と夜の時間がほぼ等しくなる春分に

見ごろの花や、旬な食材をご紹介します。

スポンサーリンク
  

二十四節気の春分(しゅんぶん)とは?

太陽が真東から登り真西に沈んでいく日で、
「昼間の時間と夜の時間が全く同じ時間」なる日です。

春のお彼岸の中日でもあります。

春分と対のものに秋分があります。

どちらも国民の休日になっていますので、二十四節気のなかでもよく知られている存在かもしれません。

中国では春分に卵を立てる風習がある?

昼と夜のバランスが等しくなる時は、
いつもは不安定な卵も立つのだとか。。。

今度チャレンジしてみようと思います(*^O^*)

二十四節気の春分(しゅんぶん)はいつごろ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動しますが、

だいたい3月20日頃です。

春分の七十二候は?

初侯  雀始巣(すずめはじめてすくう)3月20日頃

雀が巣を作り始める頃。
昼の時間が少しずつ伸び、
多くの小鳥たちが繁殖期を迎えます。

次候   桜始開(さくらはじめてひらく)3月25日頃

桜の花が咲き始める頃。
桜前線の北上を日本中が待ち望む、
お花見の季節の到来です。

末侯-雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)
3月30日頃

春の訪れを告げる雷が鳴り始める頃。
「春雷」(しゅんらい)は
「虫出しの雷」とも呼ばれています。

二十四節気春分に見頃の花や旬の花は?

季節を感じる花

二十四節気の春分である3/20前後は

春の花が続々咲いていく時期です。

また、七十二侯の次侯は

「桜始めて開く」です。

今年初めて桜が咲くころ。

昔の日本では、花と言えば桜のことを指すほど、
花の代名詞とされていました。

花見、花酔い、花冷えなど、
花にまつわる言葉はたくさんありますが、そのほとんどは桜のことを指します。
ですが、この季節には春の先駆けとして

さまざまな花も見ごろを迎えます。

春の花

木蓮

植物名   モクレン

科名    モクレン科

属名  モクレン属

原産地  中国南西部

モクレンは花が蘭に似ていたとして
昔は木蘭と言われていましたが、
最近では蘭よりも蓮に似ているとして
木蓮(モクレン)と呼ぶようになりました。

こぶし

植物名コブシ(辛夷)

スポンサーリンク

科名 モクレン科

属名  モクレン属

原産地  中国

コブシは早春白い花をたくさん咲かせます。
花の咲く時期に合わせて農作業を進めたことから、
「田打ち桜」とも呼ばれました。

たんぽぽ

植物名  タンポポ(蒲公英)

科名  キク科属名

タンポポ属

原産地  日本

タンポポはキク科タンポポ属の総称です。
この時期に咲いているのが見られるタンポポは
ほとんどが日本の在来種であると考えられます。

夏場に咲いているのは
外来種(現在は帰化種ともいう)である西洋タンポポがほとんどです。

タンポポは葉や茎、根などを食用にします。

特に根は利尿・健胃などの作用などがあります。

春分に食べるものは?

冬至には南瓜(カボチャ)を食べるように、

春分に食べるものは決まっているのでしょうか。

特に、これを食べると良い、というものは決まっていませんが

「初物を食べる前に東を向いて笑うと寿命が75日延びる」

ということも言われています。

旬の食べ物を食卓に取れ入れて、
是非、季節を感じましょう。

旬の食べ物

蕗(ふき)

蕗は4月ごろから初夏にかけて旬を迎えます。

蕗の薹が30㎝程度伸びてくると、
地下茎から蕗の葉と茎が伸びてきます。

あくが多いのであく抜きをしてから煮物を作ったり炒め物を作ります。

桜エビ

桜エビは桜エビ属に属するエビで
深海に生息します。
日本で採れるのは駿河湾の桜エビです。
名前の通り、桜の咲くこの時期が旬です。

アスパラ

春から初夏がアスパラガスの旬です。
春先に出る太めのアスパラガスは
さっとゆでても網で焼いても美味しいです。

うど

山に自生しているうどは、
3月ごろから取れます。
ウドはスーパーでも見かけますが、

中身は酢味噌あえに(わかめと和えるのがおすすめ)、

皮はきんぴらに料理できます。

まとめ

毎日忙しくて過ごしていると、

気が付いたら季節が過ぎてた…

なんていうことがありますよね。

二十四節気を意識して過ごすことで、
季節に合わせた自分のペースを作ることができると思いますよ。

献立に春が旬の食材を足したり、

切り花を買ってみたり。

街中で意識するだけでも

なんとなく落ち着いた気持ちになると思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます‼

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。