初節句、男の子のお祝いとは?端午の節句のお祝いの仕方

子どもが生まれて初めての節句。

わからないことだらけで不安ですよね!

初節句ってよく聞くけど何?

初節句って一体何をすればいいの?

準備するものはある?

などなど

初節句についてご紹介します!

初節句とは?

初節句は、
子どもが生まれて初めて迎える節句のこと。

赤ちゃんの健やかな成長を祝うと共に
厄除けを願う行事で、

男の子は端午の節句(5月5日)、
女の子は桃の節句(3月3日)に
お祝いをします。

スポンサーリンク

初節句、男の子はいつするの?

男の子の初節句は
産まれて初めての5月5日にお祝いをします。

これを端午の節句といいます。

しかし、生後1、2ヶ月など、
生まれて間もない場合は
翌年に持ち越しても大丈夫です。

また、5月は新生活が始まり間もない頃ですので、生活環境が変わる時期でもあります。
 

男の子の初節句は産まれて初めての5月5日!!

と、こだわることなく、

日にちや、気持ちに余裕を持って
お祝いする方が、
良い思い出になりやすいかもしれません!

鎧兜や人形を頂いたりするのも、
1歳を過ぎてからの場合もあります。

子供の幸せを願ってお祝いをするのが初節句。

慌ただしい時期にするよりも、
落ち着いてからの方がおススメですよ(*^O^*)

 

初節句のお祝いの仕方とは?

お祝いの仕方は地域やお家によって、
さまざまです。

伝統的なものでは、

軒先にこいのぼりをあげ、
武者人形(五月人形)や鎧兜などを飾り、

双方の両親や祖父母、親戚、
出産のお祝いを頂いた方をお招きして、

お祝い膳(菖蒲酒やちまきや柏餅、赤飯など)で、大々的に祝っていました。

しかし、近年では初節句のお祝いをする場合、

祖父母にいただいた、五月人形や鯉のぼりを飾り、

両家のご両親や祖父母とお祝い膳や柏餅、ちまきを食べる。

スポンサーリンク

のが、一般的になってきています。

お家によっては親族などが、
お祝い金やお祝いの品を準備したり、

初節句の男の子に衣装を着せて記念撮影をしたり、

神社のお参りに行くこともあります。

誰を招くのかよくわからない場合は、
ご両親と相談して決めると良いですよ(*^^*)

 

初節句、端午の節句で用意するものは?

まず男の子の節句、端午の節句といえば!の代名詞とも言える、

★こいのぼり!

初節句の場合、お祝いとして頂くことが多いです。

一軒家で軒先に飾るものから、
室内で飾れるものなど、
最近では色々な物があります。

★五月人形

こちらも、お祝いとして頂く事が多いです。

こいのぼりと同様に色んなサイズがあります。

★鎧兜

こちらも、お祝いとして頂く事がほとんどです。

ちなみに鎧兜は厄除けの意味も込められていますので、
一人につき、一つずつ用意するのが理想です。

★お祝い膳

【端午の節句の基本】

◆赤飯

◆鯛の塩焼き(尾頭付き)

◆お吸い物

◆柏餅、ちまき等

【その他品数を増やす場合】

縁起物の食材を使う場合

◆桜湯
(塩漬けの桜の花びらにお湯を注ぐ、縁起物のお茶)

◆たけのこの煮物
(すくすく真っ直ぐに伸びるので縁起物。)

◆ブリの照り焼き(出世魚)

◆スズキの煮付けなど(出世魚)

◆鰹のたたき
(「勝男」に通じることから縁起物。また旬の食材。)

また、主食は赤飯でなく、
ちらし寿司や、手巻き寿司でも大丈夫です♪

ポイント

初節句といえ、
お祝い料理作りに気合を入れる必要はありません!

主役である子供は、まだ1歳前後ですので、離乳食に近い柔らかい物や、
大人と一緒の物を細かくほぐして食べやすくすれば大丈夫ですし、

ご両親も可愛い孫に会うのを目的に来てると思いますので、

無理せず、仕出し料理やデパートやスーパーなどを活用しましょう(*^^*)

もしこだわるのであれば、

子供の食べられる物を、
ミニサイズのこいのぼりや兜の形にすれば、
お祝い御膳らしくなりますよ(*^O^*)

初節句、男の子のまとめ

初節句の直前に生まれた場合は、
お母様や赤ちゃんの体調に配慮し、
無理せず、翌年に余裕をもって行いましょう。

男の子のお祭り、端午の節句は子供の成長を楽しむ大切なイベント。

思い出に残る、素敵な一日にしたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。