端午の節句、鯉のぼりや五月人形はいつから飾る?飾る場所やポイントとは?

男の子の節句を祝う五月人形は、

いつから飾るのが正解なのでしょうか。

また、何処に、どのように飾ればよいのでしょうか?

今回は、五月人形の飾り方や、
飾るの場所な、飾る時の注意点など、すわかりやすくご紹介します!

スポンサーリンク
  

端午の節句鯉のぼりや五月人形などの飾りはいつから飾るの?

特に、この日に出す!という決まった日はありませんが、

だいたいの目安の日がいくつかあります。

地域やおうちによっても違いますが、

★春分の日を過ぎたごろ (3/25頃~)

★4月の初旬~中旬ごろ。

★4月の下旬ごろ。

などなど。

上や下に女の子がいる場合は、
雛人形を片付ける時に、

ついでに五月人形を…

という方もいらっしゃいますし、

春分の日を過ぎると、春らしい日も増えてきますので、
春分の日を過ぎ、次の暖かい日に飾る方も。

一番多いのは、4月に入ってから。

入学式などイベントが終わったあと、

「さあ、次は五月人形!!」

と飾り付ける方が多いようです(*^^*)

また、最近では共働きなどで忙しいご家庭も増えてきたこともあり、

4月中旬~下旬に、ササッと飾るご家庭も…。

特に決まりはなく、わりと自由なイメージの端午の節句ですが、

一夜飾りはNGです!!

お正月飾りや、お盆など他の行事の飾り付けの時と同様に、

前日に飾るのは縁起が悪いとされ、
敬遠されています。

ですので、遅くとも4月下旬頃には飾り終えましょう!

スポンサーリンク

端午の節句の五月人形、飾る場所は何処が正しい?

まず、一番大切なのは、

◆直射日光やエアコンの風が当たらない場所

直射日光が当たると、
人形の衣装が色あせたり顔が変色してしまいます。

夕方の西日にも注意して置き場所を選びましょう!

また、エアコンの風も人形を傷めるので、
直接風が当たらない場所に置くようにします。

◆家族全員が集まる場所

床の間があれば床の間が一番ですが、

マンションなどで床の間がない場合は、

リビングに飾るのがおすすめです。

チェストやキャビネットの上など
置き場として人気がありますよ(*^^*)

また、高い位置に人形を置く場合は、
倒れないように注意しましょう

お子さんがまだ小さい場合は、
お子さんの手が届かない場所に飾りたいですね(^-^;

端午の節句の飾り。飾る時のポイントや注意点

◆飾る場所で組み立てる

五月人形は組み立ててから移動すると、途中で倒れて壊れたり、
けがをしたりする危険があります。
はじめから飾る場所で組み立てると安心です(*^^*)

◆素手で触らない

手の皮脂や汗は、
人形の染みやさびの原因になります。
できるだけ素手で触ることは避けて、
手袋をして組み立てるようにしましょう。手袋は布製で薄手のものがおすすめです。

◆小さな部品には注意!

五月人形の飾りや部品には細かいものが多く、
お子さんが間違えて誤飲する危険があります。

組み立てる時は、側に近寄らせないか、
誰かに見ててもらうようにしましょう!

まとめ

こいのぼりや五月人形の飾る時期は、

地域やおうちによっても違いますが、

★春分の日を過ぎたごろ (3/25頃~)

★4月の初旬~中旬ごろ。

★4月の下旬ごろ。

場所は、

空調や陽が当たらない、床の間か、リビング。

飾る時は、

◆手袋をする

◆小さな部品に気をつける。

◆飾る場所で組み立てる

でした。

是非、参考にしてみてくださいね!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。