二十四節気の意味や成り立ちとは?二十四節気を分りやすくご紹介します!

日頃、ニュースや天気予報を見ていると、
たまに出てくる、春分や秋分
夏至や冬至という言葉はよく聞くと思います。

実はあれって、二十四節気のひとつなんです!

他にも色んな呼び方があります。

ということで、

今回は二十四節気のなりたちや意味、
どのような季節があるのか解説しますね!

スポンサーリンク

二十四節気とは、どういう意味? どうやって出来たの?

旧暦の中で季節の移り変わりを示しているのが、二十四節気です。

天気予報などで、よく聞く
「立春」や「冬至」も二十四節気の一つ。

立春や秋分など、約半月ごとの目安があり、
そのうちの
立春、立夏、立秋、立冬
この4つを四立(しりゅう)といって
四季の始まりとしています。

また、他にも
春分など、「分」がつくもの、
夏至など、「至」がつくもの、
そして先ほどの、「立」がつくものを
重要なものとして、

「八節」といいます。

まとめますと、

  • 二分 → 春分、秋分
  • 二至 → 夏至、冬至
  • 四立 → 立春、立夏、立秋、立冬

そもそも、
旧暦は月の満ち欠けでひと月を数えていました。

ですが、月の満ち欠けで数えていくと、
ズレズレテ一年が354日。

今の新暦では1年は365日ですよね?

これは太陽の動きで数えていますから、正確に数えられていますが、

月の暦だと、毎年季節と11日ずつズレていきます。

しかし、季節と結び付いている農作業には、
どうしても正確に季節を知る事が必要があり、
そこで考えだされたのが、二十四節気です。

二十四節気は、太陽の動きをもとに決められたもの。

黄道(地球から見て太陽が移動する天球上の道)を二十四分割して、
その基準点を太陽が通過する日時によって、季節や月名が決められます。

今は「春分」を起点に分割されていて、
昔よりより正確になっていると言われています。

ってなんかややこしいですね(^-^;

要するに、

二十四節気は旧暦において、
季節の移り変わりを示すもので、

太陽の動きをもとに計算して、
15日毎に、二十四つに季節を細かく分けた。

ということです(*^^*)

常に自然の中で暮らしていたからこそ、
小さな事にも気付き、
より良く暮らしていくための知恵を振り絞って
生きていたんですね!

昔の人、凄いです!!

スポンサーリンク

二十四節気、立春や冬至の他はどんな呼び方があるの?

さて。

春分や夏至や立春などが二十四節気だとわかりましたが、
では、二十四節気は他にはどんなものがあるのでしょうか?

一つ一つ見ていきましょう。

【 春 】

●立春    2月4日頃     正月節(旧暦)

雨水    2月19日頃    正月中 (旧暦)

啓蟄   3月6日頃       二月節 (旧暦)

●春分    3月21日頃    二月中 (旧暦)

●晴明    4月5日頃      三月節 (旧暦)

●穀雨    4月20日頃     三月中 (旧暦)

【夏】

●立夏   5月5日頃       四月節 (旧暦)

●小満   5月21日頃    四月中 (旧暦)

●芒種   6月6日頃      五月節(旧暦)

●夏至  6月21日頃    五月中(旧暦)

●小暑    7月7日頃    六月節 (旧暦)

●大暑   7月23日頃    六月中 (旧暦)

【秋】

●立秋   8月7日頃    七月節 (旧暦)

●処暑   8月23日頃   七月中 (旧暦)

●白露  9月8日頃      八月節 (旧暦)

●秋分   9月23日頃    八月中 (旧暦)

●寒露    10月8日頃   九月節 (旧暦)

●霜降   10月23日頃  九月中 (旧暦)

【冬】

●立冬  11月7日頃    十月節 (旧暦)

●小雪  11月22日頃  十月中 (旧暦)

●大雪   12月7日頃    十一月節 (旧暦)

●冬至  12月22日頃  十一月中 (旧暦)

●小寒     1月5日頃    十二月節 (旧暦)

●大寒    1月20日頃   十二月中 (旧暦)

(旧暦)とある、前の一月や正月は、
旧暦の月のことです。

また、二月節、二月中というのがありますが、

「節」と「中」は
「節」が月の前半、「中」が後半という意味です。

ここでは、新暦の2月4日が、旧暦のお正月となっています。

中国では2月にお正月があるようで
これは旧暦のお正月を祝う習慣があるみたいですね。

また一覧を見ていますと、
やはり一ヶ月ほど月がずれていますね。

新暦の5月が、四月であったり…

となると、新暦での七夕では
梅雨真っ最中で、ほとんど見れない天の川も、

旧暦の七月だと、一ヶ月遅れの8月7日ですので、

なるほど…。
天の川も綺麗に見れますね♪

来年の七夕は旧暦でお祝いするのも良いかもしれません(*^^*)

二十四節気のまとめ

それではおさらいをしましょう。

★二十四節気は旧暦において、季節の移り変わりを示すもの。

★太陽の動きをもとに計算して、15日毎に
二十四つに季節を細かく分けた。

★ 二十四節気の中には、

二分 → 春分、秋分
二至 → 夏至、冬至
四立 → 立春、立夏、立秋、立冬

があり、これを「八節」と呼び重要な分岐点としている。

ということです。

二十四節気と更にそれを細かくわけた、
七十二候もあります。

二十四節気や 七十二候は、
季節の移り変わりが目に浮かぶような
言葉が沢山あります。

こちらも合わせてご覧下さい(*^^*)

日本の暦の二十四節気とは?旧暦とは違うの?季節感のズレを感じるのはなぜ?

旧暦の二十四節気と七十二候の関係は?七十二候の読み方や意味などお伝えします!

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。