土用餅とは?土用の丑の日の鰻だけじゃない食べ物をご紹介!

最近、土用の日が近づくと、

スーパーなどで見かけるものといえば、

うなぎ。

そして、和菓子コーナーにある、

土用餅…

土用餅って何?!

ってなってませんか(*^^*)?

美味しそうなんだけど、そもそも何?

お餅って、なんの餅なの?

しかも、やたらと高いし。

と気になることだらけですよね。

そこで、今回は土用餅やうなぎ以外の食べ物をご紹介します!

スポンサーリンク
  

土用餅とは?なぜ土用餅を食べるようになったの?

土用餅とは

土用の日に食べる「あんころもち」のことで、
おもちの外側を小豆餡(あずきあん)で包んだ和菓子です。

「あんころ餅」の材料は、

お餅には、もち米を使用し、
小豆あんには、「こしあん」もしくは「つぶあん」を使います。

あんころもちと似ている和菓子に
「おはぎ」や「ぼたもち」
がありますが、

お餅がもち米のみで作られたものであれば「あんころもち」、

もち米とうるち米を混ぜたものであれば、
「おはぎ」や「ぼたもち」と区別しています。

ただ最近では、
見た目の大きさや、形で、
あんころ餅と呼んでる場合もあります(^-^;

土用餅の由来とは

昔、宮中の公家の間で、
ガガイモの葉を煮出した汁で練ったお餅を、
お味噌汁に入れて食べると、
暑気あたりしないとされていました。

暑気あたりとは、今でいう夏バテや熱中症です(-_-;)

その習慣が江戸時代の中期になると、

おもちを小豆あんで包んだものを、
土用の入りの日に食べるようになり、

これが土用餅の始まりです。

本来、
お餅は力餅(力持ち)、小豆は厄除けの意味があり、

土用餅を食べることで、
暑気や厄を払い、無病息災で過ごせると言われています。

土用餅を食べる地域

土用餅を土用の入りの日に食べる風習は、

京都を初めとする関西や、
金沢を中心とする北陸地方で多く行われています。

その他の地域では、あまり馴染みがなかったりで、

今回初めて知った!という方もいると思いますが、

これを機会に土用餅食べてみて下さいね!

スポンサーリンク
三重県の名物、赤福は土用餅になる?

結論から言いますと、土用餅になります!

赤福と同じく三重県の銘菓「御福餅」や、

新潟県上越地方の「川渡餅」も
同じく土用餅としても食されています。

スポンサーリンク

土用の丑の日、うなぎ以外の食べ物とは?

もともと、夏の土用の期間は
二十四節気の大暑の時期と重なり、
一番暑い時期です。

そこで、クーラーもない昔の人は、
厳しい暑さを乗り越えるために体に良いものを食べる
「食い養生」という風習をつくりました。

食い養生とは

土用の丑の日にちなんで、“う”のつくものを食べて精をつけ、
無病息災を祈願する風習です。

では、“う”のつく食べ物の代表的なものをご紹介します!

★うなぎ

うなぎ屋の商法かと思いきや、

うなぎの栄養素を見てみますと、

たんぱく質、ビタミンなども豊富に含まれていて、栄養も豊富で
精のつく食べ物としてもみなさんご存知ですよね?

古くは万葉集にも、夏に負けないようにと、うなぎを勧める歌があるくらいです。

★ 梅干し

梅干しに含まれているクエン酸が疲れをとり、
食欲を増進させる役割を持っていて、
夏バテを防ぎます。

★瓜

胡瓜(きゅうり)、西瓜(すいか)、南瓜(かぼちゃ)、冬瓜(とうがん)、苦瓜(にがうり)など、

夏が旬になる瓜類は、
体の熱を取ったり、利尿作用でバランスを整えます。

★ うどん

小麦から作られるうどん。
小麦の収穫期は夏。

さっぱりとして食べやすく、
食欲が落ちた時でも食べやすいので、
昔から夏によく食べられています。

★ 土用しじみ

しじみは冬が旬のしじみと、夏が旬の土用しじみがあります。

栄養価が高く、肝臓の働きを助けることから、
「土用しじみは腹薬」と呼ばれています。

★  土用卵

土用に産み落とされた卵を土用卵といいます。
卵は栄養価が高いため、
うなぎと同じように精のつく食べ物とされています。

土用餅と“う”のつく食べ物のまとめ

★土用餅とはあんころ餅のこと。

★関西や北陸地方では土用餅の風習があり、
他の地域では知られていないことも。

★土用の丑の日に“う”のつくたべものを食べるのは、
食い養生という風習から。

★“う”のつくものとして、うなぎの他、
梅干し、瓜類、うどん、土用しじみ、土用卵などがある。

となりました。

今年の土用の丑の日は、
うなぎ以外にもうどんや梅干しなど、
体調に合わせて、“う”のつくものを食べるのもよいですね(*^^*)

また、土用餅も美味しいので、食後のデザートに
土用餅も加えてみてはいかがでしょうか?

それでは、また~(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。